自分の殻を破るとは?名言3選から5つのポイントを臨床心理士が解説

2019.03.05公開 2019.03.14更新

「好きな人に気持ちを伝えたい」

「新しい仕事を始めてみたい」

「これまでの習慣を変えて、自分をもっと高めたい」

 

そんな新しいチャレンジをしたいのに、なかなか動き出せないことってありますよね。

 

「自分の殻を破りたい」と考えれば考えるほど、前に進むことが恐くなったり、面倒になったり…。

 

自分の殻を破って、新しいチャレンジをするためにはどうしたらよいのでしょうか。

 

今回は、3つの名言を例に考えてみたいと思います。

 

「自分の殻を破る」の意味とは?

新しい世界へのチャレンジを邪魔する「自分の殻」。

 

「これさえなければ、もっと積極的になれるのに」と感じることもあるかもしれません。

 

でも、そもそも自分の殻は、外の世界の危険からあなたを守るためのもの。

 

これまで一生懸命築いてきたものが壊れないように、心が傷つかないように、あなたをしっかり守っている心のはたらきこそが自分の殻の正体です。

 

(そう考えると、とてもありがたい存在ですね)

 

ただ、ずっと自分の殻にこもっている方が幸せかといえば、そうでないことはみなさんご存知ですよね。

 

人間の欲求は、

<生命を維持したい>

<心身の安全を守りたい>

<他の人と関わりたい>

<自分を認められたい>

<自分の能力を発揮したい>

と、次々レベルアップしていくと言われています。

 

健康的で幸せな生活を続けていくためには、ときには自分の殻を破って新しいステージにチャレンジしていくことが必要になるのです。

 

倉本梓

臨床心理士

心理系大学院修士課程を修了後、臨床心理士資格を取得。医療機関、教育機関でカウンセリングを担当するほか、スクールカウンセラーとしても活動。子育て、家庭問題、対人問題をはじめ、「自分らしい生き方」のためのメンタルヘルス向上を目指した支援を行なっている。

シェア
ツイート
ブックマーク
  • 本コンテンツは、メンタルヘルスに関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や投稿者の見解を推奨したり、完全性、正確性、有効性、合目的性等について保証するものではなく、その内容から発生するあらゆる問題について責任を負うものではありません。
  • ユーザーの皆様へ:ご自身のお悩みについて相談したい方は、こちらからご登録をお願いします。
  • 専門家の皆様へ:コンテンツついて誤りや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

関連記事