子供のリストカットは病気?3つの理由と親の接し方を臨床心理士が解説

2019.04.30公開 2019.05.16更新

子供のリストカットを発見したとき、子供に関心がある親ならば誰しも、子供のことが心配になり、何とか止めさせたいと思いますね。

 

子供たちはどうしてそんなことをするのでしょうか?

 

どうしてわざわざ自分を傷つける必要があるのでしょうか?

 

子供たちのリストカット、親としてどう理解したらいいのでしょうか?

 

今回は、リストカットをしなければならない子供の心理を解説していきたいと思います。

 

【関連記事】

>>いじめ問題・親の神対応3選!事例・会話例で臨床心理士が分かりやすく解説

>>子供のリストカット…親のNG対応と8つの声掛け例を臨床心理士が解説

 

リストカットは病気?

リストカットは、自分で自分の体を傷つける自傷行為の一つです。

 

軽く手首や腕を傷つけることを続けている一方で、真面目に学校や会社に行き、普通に日常生活を送っている方は少なくありません。

 

リストカット自体は病気とは言い切れません。

 

しかし、リストカットから日常生活に支障が出るような別の症状へと発展してしまい、さらに心の病気へとつながることは考えられます。

 

リストカットは心の病気の入り口を示す、イエロー信号と言えるかもしれません。

 

【監修】佐藤文昭

臨床心理士

おやこ心理相談室 室長 >>詳しい情報はこちら

シェア
ツイート
ブックマーク
  • 本コンテンツは、メンタルヘルスに関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や投稿者の見解を推奨したり、完全性、正確性、有効性、合目的性等について保証するものではなく、その内容から発生するあらゆる問題について責任を負うものではありません。

関連記事