多重人格とは?多重人格の原因として、過去の怖い経験はあり得ますか?

2017.01.14公開 2018.05.05更新
佐藤文昭

回答者
佐藤文昭
臨床心理士

ご質問

社会生活ですごく困るほどではないのですが、友人から「多重人格」と言われました。

 

どんな状態が多重人格になるのでしょうか?

 

確かに、思い出すことがものすごく苦手で、日記を見ないとなにも思い出せなかったりもします。でも読めば、わかるんです。

 

命の危険な体験も覚えがないですし、素人判断では、ただの軽い解離程度じゃないかと思っています。

 

ただ、母親がヒステリーで、ものすごく可愛がったり、ものすごくキレたりしていました。

 

暴力はありませんでしたが、そういう感情的に、ものすごい怖い体験を1日に何度も何度も繰り返して、解離になることはありますか?

回答

初めまして。ご質問いただき、ありがとうございます。

 

思い出すことが苦手であったり、突然記憶が飛んでしまったりと、自分の意識とかけ離れたところで起こってしまう行動に、少々不安な気持ちを抱かれているのかもしれませんね。

 

さて、多重人格なのか解離なのかというご質問ですが、おそらく、あなたの文面をみる限り、解離症状の一つかと思われます。

 

人間は、すごくつらい経験をした時や強いストレスにさらされた場合に、心の傷を負うことがありますね。

 

これを「トラウマ」と言いますが、このトラウマの影響を最小限に抑えるための心の機能が、人間の心には備わっていて、その一つがこの「解離」と言われています。

 

おそらく、あなたはヒステリックなお母様の言動を、何度も何度も間近で見てきたことにより、とても怖い体験をされてきたと思います。

 

そんな恐怖体験から、自分の心が壊されてしまわないように、その時に感じていた感情を心の深いところにしまい込んでしまったり、感じないようにしてしまうことがあります。

 

これが日常化していくことにより、「解離」が現れてくることがあります。

 

ただ、解離があるからといって病気になるわけではありません。健康な人にも大なり小なり解離は時々見られます。

 

しかし、日常生活に支障が出てきてしまうレベルになってしまうと問題になってきます。ちなみに、解離の延長線上には「多重人格」があります。正しくは「解離性同一性障害」と呼ばれていますね。

 

現時点では、社会生活上それほど困っているわけではなさそうですが、もし今後日常生活に何かしらの支障が出てくるようであれば、一度、医療機関や心理相談室などに相談されてみるとよろしいかと思います。

 

軽い解離であれば、その人が経験した辛い体験を、その人自身に、詳しく繰り返し語ってもらい、それを分析したり説明したりせず、ひたすら耳を傾ける、という形で話を聞いていくと、徐々に解離の必要性がなくなってくることがあります。

 

是非、参考にしてみ下さい。

シェア
ツイート
はてブ
あとで見る

関連記事