精神科へ入院を主治医から勧められました。入院費用が心配です(20代・女性)

林田一

回答者
林田一
臨床心理士

 
シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
21
ご質問

通院している精神科の主治医より「入院をしてもいいかもしれない」と言われました。可能であれば入院したいと思いますが、費用が心配です。

 

ネットで調べたところ、高額医療費補助?など制度があるようですが、正直よくわかっていません。

 

どこか相談できる機関はありますか?また、入院のメリットデメリットを教えてください。

回答

ご相談、ありがとうございます。

 

入院を勧められていて、ご自身も入院が必要だと感じるのであれば、入院して治療に専念するのが良いかもしれませんね。

 

医療費の自己負担額というのは上限が決まっていて、その上限を超えて払った分は後から返ってくるというのが「高額療養費制度」です。

 

上限額は、所得や年齢によって違いがあるので、お住いの自治体に尋ねるのが良いと思います。

 

相談できる機関も、民間のカウンセリング、自治体の行っている相談窓口など多岐にわたります。

 

入院に関する質問でしたら、病院の精神保健福祉士などに聞いてみるのが一番良いと思います。精神科の入院施設がある病院であれば必ずいます。

 

入院のメリットはなんと言っても、治療に専念でき、微妙な投薬の管理ができるということにあると思います。

 

薬の調節が容易にできるので、体調変化を見てすぐに薬を切り替えることもできます。

 

デメリットは、ご質問者様も感じているように、費用の面が大きいです。差額ベット代なども考えると結構な費用が掛かってしまうことでしょう。

 

入院にあたっては不安などもあると思います、率直に主治医や精神保健福祉士の方に投げかけてみるのが良いと思います。

 

もし、どう質問すればいいのか分からないというのであれば、このやり取りを印刷してそのまま見せてるのもよいかもしれませんね。

林田一

林田一

臨床心理士

_

_

LINEバナー
シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
21

関連記事