楽しいと思えなかったり、疲れを忘れていることがあります

2017.10.20公開 2018.05.24更新
佐藤文昭

回答者
佐藤文昭
臨床心理士

シェア
ツイート
はてブ
あとで見る
ご質問

楽しいという感情が無くなってしまい、「楽」とも「楽しい」とも思えないのが現状です。

 

疲れが取れることもないです。疲れを忘れてることもよくあります。

 

睡眠が浅く、薬の副作用で体はだる重い、むずむず足みたいな状態、手足のしびれがあります。睡眠が浅いからなのか、毎日夢を見ます。

 

最近、悪夢が続いていて、長く働いてた職場で罵声を浴びせられたり、いじめられる夢を見ました。

 

そういう夢が多く、人から怒られる、嫌われることが多くてしんどいです。

 

ただ、いつか仕事もいないといけないので、最近はどんな仕事があるのかを見たりしてますが、仕事ができるイメージがつかず、「また嫌な人いたら嫌だな」と考えてしまいます。

回答

ご質問いただき、ありがとうございます。

今の状態では、素直に「楽しい」と思えたり、「ラクだな~」と思える感覚が感じられないのかもしれませんね。

薬の副作用もあると思いますが、素直な感情表現が難しい時期なのかもしれません。

ただ、「疲れを忘れていることもある」ということにお気づきになられたのは、大事な一歩だと思います。

本当に疲れ切っている時というのは、疲れを忘れることすらできません。

もしかすると…

残り:371文字

続きを読むには、無料登録・ログインしてください。

関連記事