自分の臭いで受験勉強に集中できず逃げ出したいです(10代・女性)

2017.10.29公開
加藤たかこ

回答者
加藤たかこ
臨床心理士

 
シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
53
ご質問

夏場になると自分の臭いのことで外に出たくなく、勉強が出来ず、学校も塾もここ何日か行けてません。

 

一度きりの外出であったり、自分の意思で出かける際は、その場限りで気を使えば良いし、毎日同じ所に行って、臭い自分で人間関係を築いていく訳ではないので嫌ですが外出できます。

 

現在、受験期なのですが、家で勉強ができないので、塾に行かないと集中できず、自分の将来にも不安を抱えています。

 

甘えてる気がして自分が嫌になります。自分にわからない物を必死に防ぐ人生に疲れました。

 

長文失礼しました。

 

現在、臭いのことで勉強が出来ず、それなのに先生からはすごく期待されていて、その期待も勉強してない今では重くて受験から逃げ出したいです。

 

それは自分の将来に関わってくることだしそんなことはしたくないですが、自分でもどうすればいいかわかりません。

回答

初めまして。投稿を拝見致しました。

 

投稿者様は受験の時期でいらっしゃるようですね。

 

自分の将来に向けて集中できる場所でしっかりと学習に取り組みたいのに、ご自身の体について気になることがあって外出が躊躇われてしまうとのこと。

 

また、ご自身の体の気になる箇所に対して、数回の手術を受けられたそうですね。

 

手術によって大幅な改善はしたけれども、どのような医療行為にも「完全に」ということは無いでしょう。

 

投稿者様としては周囲の人と接している中で、少しでもご自身が気にされていることの片鱗を感じると、大事なことが疎かになってしまうくらい気になって仕方がないのですね。

 

日本の若い女性たちは投稿者様も含め、清潔感を保つ事に非常に敏感です。

 

だからこそ、多くの若い女性はいつも制汗スプレーを持ち歩き、投稿者様ご自身もそのような環境の中にいるからこそ、尚更の辛さがあるのではないでしょうか?

 

また、自己臭には際限がありません。

 

臭いを感じなくとも疑心暗鬼になって臭いを探し続け、その上でかすかにでも臭いを感じると、さらに確信をもって自分の臭いを追求するようになります。

 

投稿者様は「自分にわからない物を必死に防ぐ人生に疲れた」とご記載下さりました。

 

その表現は決して大げさでは無く、本当に日々神経をすり減らしていらっしゃってきたのでしょう。

 

勉強のことだったり他にも気がかりなことを抱えながらも、よく頑張っていらっしゃってきたと思います。

 

今回、ご相談頂いた学習が手に付かない件に関しても、自宅よりも塾の方が勉強している仲間が意識されやすいので、勉強に意識を向けやすいというのは当然あるでしょう。

 

今ここでの目標は、ご自身の臭いが気になりつつも少しでも勉強ができる環境を整えることになるかと思います。

 

けれども、私自身が気になるのは、投稿者様にとって本当に塾に行くことは勉強のための解決になるのか?ということです。

 

周りの人に臭いがどう思われているのか気になって、結局手に付かないということもあるのではないでしょうか?

 

さらに、自己臭がある方は思考に極端なところがあることも多く、1日中机にかじりついていないと「勉強した」と言えない心性をお持ちの方もいらっしゃいます。

 

確かに昔から夏休みは受験勉強の天王山と言われ、1日中勉強できるに越したことは無いでしょう。

 

しかしながら、文化部であれば秋の文化祭まで勉強以外のことにも時間を取られ、運動部でも大会に勝ち続ければ、秋口まで試合が続きます。

 

ここで私から1つ提案なのですが、投稿者様は今できるところから少しずつ手を付ける事が大切なのでは無いでしょうか?

 

課題を小さく区切り、どこで勉強するかは問わずに1日に学習量を少なめに決めて取り組むのです。

 

例えば、英語であれば英単語を5個覚えれば良いというような形です。

 

とにかく少しでも環境を整え勢いをつけることが大事なので、トータルの学習量はこだわらないようにします。

 

終わったら線で消していくなど、自分の達成が目で見てわかるようにしてモチベーションにつなげていくのです。

 

夏休みはまだ1/3程度が終わったところで、まだ中盤戦、終盤戦が残っています。

 

1日5つ英単語を覚えるのも、1か月続けば150個もの単語を覚えることになりますよね。

 

もしもそれでやってみて、その方法では合わなければまた連絡頂けると幸いです。

 

受験本番までまだ半年ありますので、一緒に検討させて貰えればと思います。応援しています。

加藤たかこ

加藤たかこ

臨床心理士

LINEバナー
シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
53

関連記事