無性に死にたくなって、アムカなどをしてしまいます

2017.12.23公開 2018.06.02更新
村松真実

回答者
村松真実
看護師 心理相談員

ご質問

昨日、父親の財布からお金を盗ったんです。前科もあり、その事でこっぴどく叱られていたのと、罪悪感から謝罪してお金も返しました。

 

後々、「なんでこんなクズい事したんだろう」って考えてたら、無性に死にたくなりまして。

 

気休めに、アムカと瀉血、エチゾラムと解熱剤の乱用をしました。

 

その際に、瀉血で出した血をペットボトルに溜めて飲んだんです。何がしたかったのか今では分かりませんが。

 

中間テスト期間なのに、勉強も捗らず、覚えなきゃいけないことも記憶できなくて。

 

エチゾラムのせいかなと思っていたのですが、薬を飲んでいない時でさえ、前日や昨晩の記憶がない事が増えてきました

 

寝るには寝るのですが、心身共に疲労が蓄積したまま、むしろ溜まっていってる気がします。

 

生理も7ヵ月来てません。もうどうしたらいいのか わかんないんです。

 

▼前回のご相談はこちら▼

回答

返信ありがとうございました。

 

父親の財布からお金を取ってしまった、

学校の勉強が進まない、

生理が7か月も来ない…

 

自分でコントロールができない状況が続いて、気持ちのやり場に困ってしまっている状態なのですね。

 

不安や苛立ち、自己否定や罪悪感などを持ち続けることは、それだけで心のエネルギーを消耗してしまうため、集中力や記憶力が低下し、新しことを覚えられなくなることがあります。

 

今のあなたの状態も、そのような感じなのではないでしょうか。

 

その負の連鎖を断ち切るためには、「この状況から抜け出したい」と思うあなたの気持ちの強さが何よりも大切です。

 

これまでの18年、あなたは色々な体験の中で傷つけられ、自分を傷つけてきたのではないでしょうか。

 

自分はずっと、このままだ…とも諦めてしまっている部分もあるかも知れません。

 

けれど、今は100歳まで生きることができる時代になりつつあります。

 

そのため、今の状態から抜けだし、新しい自分を生きる時間は、たっぷりと残されています。

 

生きている気がしない今を、生きている実感がある未来に変えることもできるのです。

 

人は、死ぬまで生きるしかないとも言えますが、それは死ぬまで生きることができるということでもあります。

 

過去は変えることができませんが、過去の後悔を、未来に活かすことはできます。

 

過去の苦しみから逃れることは、簡単ではありませんが、自分が抜け出したいと願い続けることで、抜け出すことは可能です。

 

今の状況から、一歩抜け出す行動をしませんか?

 

生理が来ないなら、怖いとは思いますが、婦人科を受診しましょう。それが不安を解決する一番の近道です。

 

そして、生活を規則正しいものに変えて行きませんか?

 

心は、生活リズムが安定することで、落ち着きを取り戻して行きます。

 

朝同じ時間に起きて、朝ご飯を食べる、そんなことから始めてみるだけです。

 

死にたい気持ちに囚われると、なかなかその囚われから抜け出しにくいと思います。

 

けれど、死は、逃げ道でも、楽なものでもなく、生きているからこそ生み出せることの方が数えきれないほど多いのです。

 

不安を一つ減らすために、婦人科を受診をして欲しいと思います。

 

ハードルが高ければ、まずは内科で相談し、婦人科に紹介状を書いてもらうのも良いと思います。

 

今は、クリニックも女医さんが増えていますよ。調べて行けば、不安がまた一つ減ることになります。

 

また、しんどくなったらご相談ください。

 

そして、吐き出したら、半歩を目指して、行動してみませんか?応援しています。

シェア
ツイート
はてブ
あとで見る