発達障害かも…はっきりさせるためには?

2018.02.01公開 2018.06.11更新
池上枝里子

回答者
池上枝里子
正看護師 キャリアコンサルタント

ご質問

今、悩んでいることがあって、話を聞いてもらえればいいなと思ってLINEしました。

 

悩みというのは、自分が発達障害ではないかと疑っていることです。

 

今年の春頃、ニュース番組で「大人の発達障害」という特集をやっていました。

 

なんとなく、見ていただけだったけど、自分にも当てはまることが多くて、それ以降「発達障害」というものが気になるようになりました。

 

それでもまだ半信半疑で、それから、暇があれば自分で「発達障害」について調べるようになりました。

 

その中で、「発達障害」の特徴やチェック項目を載せているサイトがいくつかあり、試しにやってみたところ、可能性あり、という診断結果が出ました。

 

母に相談しようとも思ったけれど、母が医療人で、「そんなネットの判断で相談されても」と取り合ってくれないと思い、なかなか言い出せなかったです。

 

でもある日、今度は違う番組で「発達障害」について特集していました。

 

そのときは母もいたので、チャンスだ!と思い、話を持ちかけてみました。

 

しかし、「あんたは大丈夫よ」と冗談っぽくあしらわれて終わってしまいました。

 

それ以降、誰かに相談することもできず、ずっと悩んでいました。

 

現在、私は無職で、学校にも行っていません。

 

一応、専門学校には受かり、最初は通っていたのですが、規律が厳しいところがあり、苦手意識を感じ始め、学校をやめました。

 

私は中学3年生くらいから、心療内科に通っていて、薬も処方されているのですが、病名の診断がふわっとしていて、あまり納得できていません。

 

先生からは「不安症でいいんじゃないかな?」という解答しかもらえておらず、はっきりした診断結果が欲しいと思っているのですが、中々切り出せない状況です。

 

補足です。

 

私は、小学校の中学年くらいから周りと上手くいかず、学年でも浮いた存在でした。

 

中学へ進学すると、小学校よりもさらに周りと上手くいかず、学年でとても浮いた存在になっていました。

 

女の子同士ならよくあることらしいけれど、思ってもいないのに「私もそう思う」「私もこれ好き」と話を合わせなければいけないところで、どうしても正直に自分の意見を言ってしまい、孤立することが多かった気がします。

 

あとは、相手が怒っていても、なぜ怒っているのか、自分の何がいけなかったのか、そういったことを汲み取ることが苦手でした。

 

それも合わさってなのか、嫌がらせを受けるようになり、不登校になりました。

 

それから母が心療内科をすすめてきたので、受診することになりました。

回答

勇気をもってご投稿いただき、ありがとうございます。

 

ご自身を発達障害だと疑い、悩んでいるのですね。

 

HPのチェックサイトでは「発達障害の可能性あり」と出たために、お母様や心療内科の先生に相談したのに、答えに納得ができないのですね。

 

ご自身の繊細なことを相談するのは、勇気が要りましたね。

 

勇気を出して相談しても、あしらわれたように感じたならば、それ以上は相談できずに、苦しかったことと思います。

 

だから、ますます悩んでしまっていることと思います。

 

あなたの投稿を、何度も読ませて頂きました。

 

あなたは、お母様が医療人であることを配慮して、適切なタイミングで相談していますね。

 

また、心療内科の先生にも、はっきりした診断結果が欲しいことを言い出せないで悩んでいらっしゃいます。

 

先生という立場が上な人へ、何度も要望を伝えることは、気が引けますよね。

 

投稿からわかるだけでも、あなたは、これだけの配慮をしています。

 

これらは、いわゆる「空気を読む行動」であり、人間関係を築く上で大切なこと。

 

あなたは、相手に配慮ができる素敵な人ですね。

 

そして、配慮したことをこうして表現できるのは、意識をして配慮をしていたからだと思います。

 

発達障害は、空気を読んで人と関わることが苦手な傾向にあります。

 

さらに、上手く関われるようにと、意識的に配慮をするのも難しくあるようです。

 

こういった、人に配慮ができているご自分を、あなたはどう思いますか?

 

チェックリストの結果があるとはいえ、あなたの最も身近にいらっしゃるお母様や、先生の答えに納得できないほどに発達障害を疑うのは、なぜなのでしょうか?

 

きっと、あなたには、ここに表現しきれていない気持ちがあるのかもしれませんね。

 

発達障害のチェックサイトは、チェックをする時の気持ちで、解答に影響が出るものも多くあるようです。

 

発達障害の特徴は、誰しも一度や二度は経験したことがあるものですね。

 

その場合、発達障害ではない、と思って解答すると、「当てはまらない」を選択するかもしれませんし、

 

発達障害だと思って解答すると、「当てはまる」を選択するかもしれません。

 

よって、あなたが発達障害を疑う気持ちはどこからくるのか?

 

チェックリストの結果だけでなく、あなたの気持ちを感じることは、あなたが発達障害かどうかと同じくらいに大事なことと思いました。

 

投稿の終わりには、「病名の診断がふわっとしていて、あまり納得できていません」とあります。

 

裏を返すと、「診断に納得したい」ということかもしれません。

 

もしそうならば、あなたは病気、もしくは障害であることが前提にお考えのように思いました。

 

心療内科では、「不安症」と言われているのですね。

 

きっと、専門学校を辞めてから、さらに不安が強まっていることと思います。

 

18歳という年齢では、学校や職場に所属するのが一般的なので、あなたの状況は、この上ない不安も当然だろうと思います。

 

だから、「この不安な状況に納得のいく原因を見つける」ことで、安心したいお気持ちもあるように拝見しました。

 

もしかすると、発達障害といったなにかしらの診断があると、あなたのなかで納得できることがあるのかもしれません。

 

ぜひ、一度、あなたが発達障害だと疑ってしまう気持ちがどこから来るのかを考えてみて下さい。

 

そして、あなたが感じている素直な気持ちを、再び、お母様や先生に話してみて欲しいと思います。

 

あなたは、お母様に、「あんたは大丈夫よ」と冗談っぽくあしらわれたとき、どんな風に感じましたか?

 

それ以降、誰かに相談することもできず、ずっと悩んでいましたね。

 

相談すると、何が起こりそうで、相談できなかったのでしょうか?

 

こんな問いで、もし、思い当たる気持ちがあるなら、それをぜひ 、言葉で表現してみて下さい。

 

その気持ちを、
「この前相談したとき、私は……と思った。だから、もう一度、話を聞いて欲しい」と伝えてみて下さい。

 

そうすると、あなたの切実な思いが伝わり、お母様も先生も、しっかりと受け止めて聞いて下さると思います。

 

すると、診断だけに限らず、あなたの不安な気持ちが和らぐことに繋がることと思います。

 

また、話したいことがあったなら、ご投稿下さいね。私でよければお聞きします。

 

発達障害は、ひとそれぞれ、程度も症状も違うものです。

 

あなたが、発達障害でも、そうでなくても、必要なときには周りの人に相談しながら、あなたの個性を大事にして、日々の生活ができることを、心から応援しています。

シェア
ツイート
はてブ
あとで見る