障害者就業生活支援センターとは?対象・支援内容・費用・申請方法・事例を社会福祉士が解説

「仕事に結びつかなかった」

 

「一旦仕事に就いたけれど、退職してしまった」

 

「仕事をあっせんしてくれる場所があれば知りたい」

 

社会参加や就職のためにさまざまな制度を使い頑張ったけれど、このような悩みを抱えている方はいらっしゃいませんか?

 

なかなか思うとおりに進まなかったり、求人情報が十分ではないと不安感も増すことでしょう。

 

今回は、これらの悩みをサポートする「障害者就業生活支援センター」についてお話します。

 

【関連記事】

>>自立支援医療制度とは?条件・メリット・デメリット

>>自立支援医療制度の申請方法・更新手続きとは?

>>障害年金とは?等級・金額・所得制限について

>>障害年金の受給資格・申請方法のポイントって?

>>傷病手当金の申請期間・書き方・金額・申請先

>>【傷病手当金】退職後の申請・任意継続の手続き

 

障害者就業生活支援センターの対象者

就職を希望している、または職場に定着することが困難な精神疾患を抱えている方。

 

ディケアなどに通っており、比較的安定した日常生活を送っている方が望ましいとされています。

 

 

障害者就業生活支援センターの支援内容

障害者就業生活支援センターは、仕事を探したり、職場に定着することが難しい精神疾患を抱える方に対して、雇用や福祉、教育機関などと連携しながら、彼らの就職に繋がるように職場実習のあっせんや求職活動の支援、関係機関との連絡調整などを行うサービス機関です。

 

また、仕事に関する事柄とともに、生活や金銭管理についての相談や、住居や年金などの生活設計に関する助言などを行っています。

 

久木田みすづ

精神保健福祉士 社会福祉士

記事をシェア
記事をツイート
記事をブックマーク
  • 本コンテンツは、メンタルヘルスに関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や投稿者の見解を推奨したり、完全性、正確性、有効性、合目的性等について保証するものではなく、その内容から発生するあらゆる問題について責任を負うものではありません。
  • ユーザーの皆様へ:ご自身のお悩みについて相談したい方は、こちらからご登録をお願いします。
  • 専門家の皆様へ:コンテンツついて誤りや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください