人の目を見て話せない…どうすればいいですか?

2018.01.18公開 2018.06.08更新
梶原成子

回答者
梶原成子
臨床心理士

ご質問

人の目を見て話せません。

 

泣いてるつもりは無いのに、涙目になってるなどと言われたことがあります。

 

それから人の目を見ると、また変な顔をしてるんじゃないかと不安になって、すぐに目をそらしてしまいます。

 

目を見て話さなきゃ気持ちが伝わらないこともあると思うので、どうしたらいいか分かりません。

 

目を見て話そうとするのが辛いです。

 

普通に学校に通っています。

 

友達と話す時などがそうです。

 

親に言っても相手にしてもらえません。

 

前に他のことで相談しましたが、じゃあどうしたいの?と怒られてしまいました。

 

どうしたらいいか分かりません。誰にも言えません。

 

小さいことなんですがとても不安です。

回答

こんにちは、臨床心理士の梶原です。

 

ご相談ありがとうございます。

 

自分でも思いがけず、涙目になっていると言われて驚いたことでしょう。

 

その相手の人はどうしたのか心配になったのかもしれませんね。

 

でもそうやって言われてしまうと、自分の顔が人にはどのように見られているのか当然気になるだろうなと思いました。

 

特に15歳という年齢は人の成長の過程で、人の見る目が一番気になる時期でもあります。

 

それは年齢と共に和らぎ、徐々に自分は自分と気にならなくなってくるものです。

 

とは言え、今は実際目を見て話すのが辛い、それを誰にも言えず一人で抱えているのも重ねて辛いだろうと思います。

 

それが少しでも楽になって、人と気にせず話ができるようになるといいですよね。

 

「人の話す時は、人の目を見ましょう」とはよく言われることですが、実際じっと目を見るのは、お互いに緊張が増し話しにくいものです。

 

ですので、視線は目よりも、鼻からあごの辺りをぼんやり見たり、時々違う方向を見たりするのはどうでしょう。

 

その方が相手に自然な印象を与えます。

 

また話が面白い時には、あまり気にならないかと思います。

 

つまりその時は自分の気持ちが話に集中しているから、他のことは考えずにすんでいるわけです。

 

不安になった時には、無理やり視線や自分の顔のことを考えるよりは、

どんな話なのか、話に気持ちを向けるのも助けになるのではないでしょうか。

 

これらのことを試してみて、良ければまたどうだったか教えてください。

シェア
ツイート
はてブ
あとで見る