些細なことで落ち込む…そんな自分とどう付き合えば?

2018.02.02公開 2018.06.11更新
ロケ民子

回答者
ロケ民子
正看護師

ご質問

今回は、自分が落ち込みやすいことについて相談したいと思っています。

 

仕事や人間関係の中で、自分の悪いところを指摘されることがあると思います。

 

ちょっとした指摘や、特段きつめに言われたわけではないようなことでも深く落ち込み、自分を否定されたかのような気持ちになってしまいます。

 

せっかく言ってくれたことですし、自分では気づけないことだと思うので、今後に上手く生かしていきたいという気持ちはあります。

 

どうしても深く落ち込む衝撃が強くて、なかなか立ち直れません。

 

普段から人の目は気にしてしまうタイプで、自分が変な行動をしていないか、迷惑をかけていないかがすごく気になってしまいます。

 

少しでも何か失敗してしまった、と思うと、深く落ち込んでしまいしばらく立ち直れません。

 

こうしたことから、普段からずっと自信がなく臆病で、自分で決断したり判断したりすることが苦手です。

 

また、自分の意見は変なんじゃないか、周りから変な目で見られるのではないか、という気持ちから、些細な雑談であっても素直な気持ちを表現することが苦手です。

 

本当はもっといろんなことを話したりしたい、という気持ちはあるのですが、上記のようなことから、人との会話では特に話さずただ笑っているだけのことが多いです。

 

こんな自分に対して、情けないな、嫌だな、と感じますが、なかなか前に踏み出せません。

 

落ち込みやすい自分とどう付き合っていったらいいか、アドバイスいただけたらと思います。

前回の相談はこちら

回答

ご質問をありがとうございます。

 

自分のことを人に話したり、表現するのが苦手とおっしゃる中、ここに相談するという行動が取れたこと、まずご自分で認め褒めてあげてください。

 

落ち込みやすい自分について悩んでいらっしゃるのですね。

 

あなたはどんな時に落ち込みやすいか、どうして人に自己開示できないのかしっかり自己分析されていますね。

 

これは今後もあなたの役に立つことでしょう。

 

自分を客観的に見つめられることがまず第一歩ですから、あなたはすでにそれをクリアできています。

 

人は完全な生き物ではありません。良い部分、自分では嫌だなと思う部分を持ち合わせて生きています。

 

誰もが不完全さを感じながら生きているものです。

 

あなたの場合、人に指摘されると必要以上に落ち込んでしまうとありました。

 

そう感じるのは一種の個性です。

 

それをNGとするのではなく、「ああ、私はそう感じる傾向にあるんだな」と捉えてみてください。

 

その感情が出てきた時は「そう感じるんだよね。失敗嫌だよね。」とまず自分を認めましょう。

 

その上で「また私の傾向が出ているな」と感じるだけでいいです。

 

そして「何にそんなに落ち込んでいるのか」と自分に聞いたり、

 

「そんなに落ち込む必要ある?」などと大局的に自分に聞いてみるのもいいでしょう。

 

落ち込んでいる具体的な事が言語化できると、解決策が見えてきます。

 

自問自答するときはぜひ、ノートに書き出してみることをお勧めします。

 

また、自分の嫌だなという部分は、逆を返すとそうなりたいという願望です。

 

できない部分に目を向けると余計に落ち込んでしまいますので、そうなりたい自分の部分に目を向けて、じゃあそのためにどうしようか?と考えてみることもいいですね。

 

しかしながら、あなたにはすでにあなたの良さがあります。

 

それを10個書き出してみてください。どんな些細なことでもいいですよ。

 

私との少ないやり取りでも、すでにあなたには、客観的に物事をとらえ分析する力があること、それをわかりやすくまとめる力があると感じました。

 

それはあなたの良さです。

 

友人に自分のことが話せないと思うなら、初めから内面について話すのを避けてみてはどうでしょうか。

 

簡単な自己開示、例えば好きな食べ物の話など、他人が拒否しても苦にならないことから話して練習してみたらいかがでしょうか?

 

あなたが心を少しづつ開くことで、相手も反応して心を開いてくれると思います。

 

安心して過ごせることができることを心よりお祈りしています

シェア
ツイート
はてブ
あとで見る