上司に嫌われている気がする…7のサインと対処法とは?産業カウンセラーが解説

2019.05.20公開

休み明けで気分が乗らず憂鬱になっているあなた。

 

出社したくない理由として、上司との関係が良くないと感じていませんか。

「もしかして上司に嫌われてる?」

そう思った方は、一度立ち止まってその理由を考えてみましょう。

 

一日の大半を過ごす会社で上司との関係性が良くないということは本当につらいことだと思います。

 

そこで今回は、上司があなたを嫌っている原因やサインについてご紹介いたします。

 

【関連記事】

>>合わない上司が辛い…7つの上司タイプ別で接し方・付き合い方を解説

>>部下をうつ病にするクラッシャー上司の5つの特徴と7つの言葉とは?

>>怒る上司が無能な5つの理由。怒らない上司との違いとは?

 

上司に嫌われやすい人の3つの特徴とは?

誰しも人間ですので、嫌いな人はいるでしょう。

 

しかし、常日頃顔を合わせる上司に嫌われてしまったら、仕事がやりにくくなります。

 

上司ももしかしたら同じことを感じているかもしれません。

 

ここでいう「上司に嫌われる」とは感情的に好き嫌いというよりも、

仕事に対する価値観やスタンスが起因している

ことが多いように思います。

 

それでは、仕事上嫌われやすい人とは具体的にはどのような人なのでしょうか。

 

上司に嫌われやすい人に考えられる、3つの特徴を挙げてみます。

 

①上司の求める内容に応えない

例えば、

・スピードが要求される場面で細部にこだわる

・正確なデータが必要な作業において、大雑把な資料を提供する

・大事なお客様に対して軽く応対する

など、求められていることと別の対応をすると「それは違うんじゃないか」と上司は思うでしょう。

 

適切ではない対応が続くと、上司はあなたを信頼しなくなり、それがやがて「嫌われる」ということに繋がっていきます。

 

②仕事へのスタンスが合わない

例えば、何をするにしても質問してくる部下を可愛がってくれる上司もいれば、うっとうしく感じる上司もいます。

 

また、確実に仕事を進めたい上司にとっては、進捗の報告もせずに勝手に物事を進めてしまう部下は困りものでしょう。

 

このように仕事に対するスタンスが合わないままだと、上司との信頼関係が生まれず「嫌われた」と感じることがあるでしょう。

 

③コミュニケーションが取れない

例えば、

・上司に言われたことをやらない

・何度も注意されていることが直らない

・約束を守れない

など、「ちゃんと話を聞いているの?」と思われるようなコミュニケーションを取っていませんか。

 

打てども響かないコミュニケーションでは、上司の信頼を得られません。

 

上司に嫌われる原因は部下自身が作っていることもあるのです。

 

鈴木祐美子

産業カウンセラー

産業カウンセラー、CDA、国家資格キャリアコンサルタント。セブン-イレブン・ジャパンにて営業、人事を経験後、リクルートキャリアにてキャリアアドバイザー、独立行政法人雇用・能力開発機構にてキャリア形成支援を行う。専業主婦を経て、現在は人材関連企業にて幹部人材のスカウトを行う。二児の母。

シェア
ツイート
ブックマーク
  • 本コンテンツは、メンタルヘルスに関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や投稿者の見解を推奨したり、完全性、正確性、有効性、合目的性等について保証するものではなく、その内容から発生するあらゆる問題について責任を負うものではありません。

関連記事