親に進路を反対される…自分の夢に向かって進むには?

2018.07.11公開 2018.07.17更新
佐藤ゆみ

回答者
佐藤ゆみ
キャリアコンサルタント

ご質問

はじめまして。高校生です。

 

進路のことについて相談させてください。

 

私の通う学校は、通称進学校と言われる学校で、ほとんどの生徒が大学へ進学します。

 

私は特にやりたいことも無く、夢を見つけるためにこの学校へ入学しました。

 

そして、自分のやりたいことを見つけたのですが、それは専門学校でないと出来ない事でした。

 

そして、上京も考えています。

 

自分のやりたいことと、上京について何度か親に話しましたが、聞いてくれず、親が決めた地元の大学に行きなさいとばかり言われてしまいます。

 

私は生半可な気持ちでやりたいと言っているわけではないし、簡単に叶えられる夢でもないと覚悟しています。

 

その上で、頑張りたいと思ったことなのです。

 

「やらずに後悔するより、やって後悔した方がいい」という言葉がありますが、私は本当にその通りだと思うんです。

 

確かに、ここまで成長できたのは紛れもなく親のおかげだし、感謝はしています。

 

でも、自分の人生を、どうして親に縛られなければいけないのかがわかりません。

 

もし自分のやりたいを出来るのなら、精神面でも経済面でも頼るつもりはないし、自分でやり通すつもりです。

 

どうしたら親は、分かってくれるのでしょうか?

 

アドバイスをお願いします。

回答

ご相談ありがとうございます。

 

やりたいことを見つけるために今の高校に入学され、ついに自分の夢に出会えたのですね。

 

特にやりたいこともない日々のなかで希望の進路を見つけたこと、本当に素晴らしいなと思います。

 

目の前が開けるような瞬間が訪れたのだなと感じます。

 

ところが、専門学校への進学、上京への願いをご両親には理解してもらえず、地元の大学へ進学するよう言われているのですね。

 

せっかく見つけた自分の道を、誰よりご両親に納得してもらえない日々は、辛いだろうなと思います。

 

ご相談者様は、覚悟を決めて、希望の進路を歩もうとしています。

 

もしやりたいことをあきらめて大学へ進学したら、ご相談者様は本当に後悔し、とても苦しい日々を送ることになると想像します。

 

もしかしたら、ご両親も反対すれば諦めると思っているかもしれません。

 

今は、ご相談者様自身が強い意志を持ちつつ、ご両親の想いを汲み取った上での決断だということを、時間をかけて伝えることが大事だと考えます。

 

すでに何度も話し合っていると思いますが、一度ここで考えてほしいことがあります。

 

それは、ご両親はどうして地元の大学に通ってほしいと思っているのかということです。

 

理由としては、

・大学を出て地元で就職してほしい
・安定した暮らしをしてほしい
・学歴は大事だから
・親元を離れるのは心配

など…いろいろ出てくるかもしれません。

 

これらの気持ちを受け止めていて、ご両親に感謝している気持ちももちろんあるけども、自分の人生を進みたいという想いと覚悟を、じっくり伝えましょう。

 

どうして上京して専門学校に進みたいと思ったのかということ。

 

ご両親の想いを理解し、感謝したうえで、やっと出会えた自分の夢を叶える道を進みたいこと。
上京に伴う資金、今後の進路に必要な費用は、全て賄う覚悟もあること。

 

時間をかけてご相談者様のことを思って育ててきたご両親です。

 

かわいい大事なお子さまですので、苦労をしないでほしいと願ってしまうのは親心なのだろうと思います。

 

しかし、「人生を切り開く」という覚悟を伝え続けたら、きっとあなたの熱意に負け、認めてくれる日が来るはずです。

 

口で伝えるだけでなく、絵や図をつくったり、手紙にしても良いかもしれません。

 

感情的になりそうになったら、深呼吸をして一旦落ち着き、ご両親のことも思いやりながら、自分の気持ちをじっくりと話をしていってほしいなと思います。

 

また、進路について、学校の先生には相談できていますか?

 

進学校となると、専門学校への進学についてはあまり詳しくないかもしれませんし、大学進学を勧められるかもしれません。

 

ですが、味方になってくれる先生がいれば、ご両親と面談を設定してくれたり、何らかの形でサポートしてくれるようにも思います。

 

周りを見渡してみて、学校・それ以外の場所でも誰か相談できそうな人を見つけてみてくださいね。

 

ご両親に納得してもらえない日々が続くのは、本当に苦しいことだなと感じますので、納得できるような結論が出ることを願っています。

 

ご相談者様は、誰のものでもない自分の人生の舵取りを、自分でしようとしています。

 

昔は大学に行って、就職をすれば安泰という時代でしたが、今は10年後どうなっているのか、まったく予測もつかない世の中です。

 

これからの時代は、どんな道に進んでも安泰はないので、思いっきり生きるのが良いと思っています。

 

ですので、「やらずに後悔するなら、やって後悔するほうがいい」という言葉には私も大変共感します。

 

これからも迷ったりつらいこともあると思いますが、自分を信じて、希望の進路を歩めることを心から願っています。

 

また困ったことがあれば、ご連絡くださいね。

 

これからも応援しています。

シェア
ツイート
はてブ
あとで見る