毎日死にたい気持ちになります。自分でいることが嫌で疲れました(10代・女性)

2016.07.04公開 2016.12.08更新
佐藤文昭

回答者
佐藤文昭
臨床心理士

 
シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
1
ご質問

今後生きていくのに、うまくいく気がしなくて毎日死にたい気持ちになります。物事をいい方向に考えられなくなりました。

 

私は専門高校生で、「普通校の生徒に比べて勉強量が少ないから大変(専門科目に時間が割かれるため)」と先生に言われていた医療系の大学に推薦で合格しました。

 

しかし、

①履修していない科目だらけ

②周りは普通校で受験勉強をしてくる人たち(専門高校のため一般受験で合格できる学力はないと思います)

③英語や数学などの科目も普通校の3分の1程度しか勉強していない

などで、入学後ついていける自信をなくして、大学のことを考えると、不安で体調が悪くなり、ご飯も食べられない状態になりました。

 

考えるのが嫌で、長い時間寝てしまう日も続きました。先生や親と相談し、「この状態では就学できない」と辞退する方針になりました。

 

何年も考えていて、そのために高校での成績もずっと維持して、小論文も学科試験の勉強も遊ぶ時間もごはんの時間も削って必死で頑張ってきたのに、自分が入学後のことを考えずに合格ばかり目指していたばかりにこんなことになって情け無いです。

 

折角努力して掴んだ合格なのに、無駄にしてしまった気がします。塾に通わせてくれた両親や 指導してくれた塾、学校の先生や応援してくれた友達にも申し訳なくて仕方ありません。悔しいです。

 

「入学してみなきゃ分からないから挑戦するべき」と周りには言われますが、推薦入試の学科試験に使う1科目を勉強してくるのにもいっぱいいっぱいでした。

 

いっぱいいっぱいだった分、燃え尽きみたいな所もあるのかもしれません。

 

今後こんな状態で、かつ一人暮らししながら、周りの普通校の人以上に履修していない科目を勉強していく自信がありません。

 

このことから何を考えても不安になってしまい、学校に行っても以前のように普通に過ごせなくなりました。物事をいい方向に考えられなくなりました。

 

周りの子が進路が決まっていて楽しく過ごしているのに…焦る気持ちもあります。

 

進路が決まらない状態も不安で、地元の専門学校を受験することにしましたが、「ずっと考えていた進路をいきなり変えてうまくいくのか」や大学進学を考えていた分、理想などもあり、専門学校で楽しくやっていけるか と考えてしまいます。

 

もうどうすればうまくいくのか、不安にならないのか、前みたいに楽しく普通の気持ちで過ごせるのかわからなくなりました。

 

大学に進学して一人暮らしして自立していくと思い描いていたのに、高3にもなるのに親に甘えてばかりで何もできない自分も嫌です。

 

親はすごく私の事を考えてくれているのに申し訳ないです。

「考えすぎ」と言われますが考え方を変えるのが難しいです。
学校で特に大変な事があるわけでもないのに、何事も不安になって疲れるし行きたくなくなってしまいました。

 

自分でいることが嫌で疲れました。毎日死にたい気持ちになります。

 

心療内科に行くことも考えていますが年末年始で行けず、メールさせていただきました。

回答

ご質問ありがとうございます。

 

長文にわたり、あなたの苦悩がヒシヒシと伝わってきました。

 

文面から察する限り、あなたの心の中には色々な気持ちが入り混じっていて、とても混乱している状態にあるのかもしれませんね。

 

あなたなりに大学合格を目指して、必死に頑張ってきたと書かれていましたね。自分を犠牲にしてまで、本当に良くやってこられたと思いますよ。

 

あと一歩の所で目指していた夢を断念しなければいけないというのは、相当なショックと悔しさもあったことでしょう。

 

しかし、今のあなたの精神状態を考えた場合、「辞退する」という決断は決して間違っていなかったと思います。

 

体調不良や食欲の減退、長時間睡眠や強い不安感など、これらの症状は心が「これ以上はもう無理だ!」と危険信号を出しているサインでもあります。

 

ここで無理をしてしまうことは、症状をもっと悪化させてしまうことになるでしょう。

 

仮に、辞退するという選択肢を取らず、今以上に頑張って進学へ向けての準備をしなければいけない状況に置かれれば、より重篤な精神症状に陥ってしまう可能性は十分に考えられます。

 

そういった意味では、今は一時的に強い不安感や後悔、疲労感や焦り感があって苦しいかもしれませんが、あなたが取られた選択肢は「自分自身を守る」という意味でも間違っていなかったと思いますよ。

 

おそらく今のあなたに一番必要なことは「休息」ではないかと思います。疲労感や燃えつき感もあるようです。こういう時は、人間誰しもプラス思考にはなれません。

 

物事を悲観的に考えてしまったり、自分の存在意義すら感じられなくなってしまうものです。しっかり休息が取れれば、気持ちも安定し、症状にも改善が見られてくるでしょう。

 

どうしても不安感や焦燥感が強すぎて、充分な休息がとれないようであれば、心療内科などでお薬の力をかりてみてもよいでしょう。

 

また、これから新しい道を歩んでいくに当たり、色々な不安感を抱かれるかもしれません。そういう状況を見据えて、不安への対処法も習得しておくと役に立つかもしれませんね。

 

その際には、臨床心理士などの心の専門家に一度相談してみることをお勧めします。

佐藤文昭

佐藤文昭

臨床心理士

おやこ心理相談室 室長

詳しい情報・お問合せはこちら

おやこ心理相談室 室長

詳しい情報・お問合せはこちら

シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
1

関連記事