彼女と別れてから喪失感に襲われる…自殺願望を止めるには?

2019.03.21公開
加藤たかこ

回答者
加藤たかこ
臨床心理士

ご質問

海外の大学を理不尽に退学になりました。その後、数ヶ月彼女と同棲していましたが、自分の方から別れたくもないのに小さな喧嘩で別れようと言ってしまいました。

 

1週間、彼女は泣いて頼みこんで来ましたが、一週間後に新しい彼氏ができて全てブロックされてしまいました。

 

現在は日本に帰ってきて家族と暮らしていますが、心の底から愛していた彼女を失い、失った後に大切さに気づきました。

 

朝は毎日四時に目が覚め、食欲も湧きません。

 

ずっと吐き気に襲われ、勉強にも全く集中できません。

 

一日中彼女のことが頭から離れず、自殺したいと思うこともほぼ毎日ですが、理性で踏みとどまっています。

 

2ヶ月経っても絶望しか見えない人生でとても辛いです。

 

自分で蒔いた種ですが本当に過去に戻りたいです。

 

自殺願望を止めるにはどうしたら良いでしょうか?

 

また、幸せになるにはどうしたら良いのでしょうか?

回答

はじめまして。投稿頂きまして、ありがとうございます。

 

ご相談を拝見致しました。

 

投稿者様は理不尽にも、海外の大学から退学処分とされてしまったのですね。

 

海外の大学への留学は、金銭的にもかなりの負担がかかったのでしょうし、語学の習得にも、並々ならぬエネルギーを注がれたはずです。

 

志し途中で断念せざる得なくなられた投稿者様の無念さを思うと、そのお気持ちはいかばかりのことかと思います。

 

さらにたわいない口喧嘩からの弾みで、恋人とお別れされたのですね。

 

退学処分だけで心に深い傷を負われたことを拝察しますが、その傷が癒えぬ間に、新たな別の傷つきを重ねざる得ない状況となられたこと。

 

そのような状況に置かれ心底疲れていらっしゃる投稿者様のご様子が 、伝わって参ります。

 

現在はご家族と一緒に住まわれているのですが、朝4時に目が覚める他、食欲も湧いてこないとのことでしたね。

 

またずっと吐き気に襲われ、勉強にも集中できずにいらっしゃるのですね。

 

2か月たってもご自身の前に広がる景色は絶望しか見えないとのことですが、見通しが見えないこの絶望がいつまで続くのか・・と、途方にくれられているところもあるかもしれませんね。

 

そのような辛い状況で、よくぞ勇気を持ってRemeにご相談下さったことを思います。

 

投稿者様は、お一人ではありません。

 

ぜひ一緒に、考えさせて下さい。

 

さて今回のご質問は、

 

①自殺願望を止めるには

②幸せになるには

 

ですね。私自身の思うことについて、順番にお伝えしていきたいと思います。

 

まず自殺願望を小さくしていくことについてですが、投稿者様に起こっている自殺願望、抑うつ状態、不眠、食欲不振等は、それら全て症状として分散して出すことで、投稿者様の心を何とか保っている状態と言えます。

 

そのため自殺願望1個だけ無くしてしまうと、他のところに余計に出てきてしまうことになりますよね。

 

ところで1つ確認ですが、投稿者様は別れた彼女との思い出の品は、きっぱりと全て捨てられたのでしょうか?

 

もう繋がらなくなった電話番号等が、まだスマホに残っていたりはしていませんか?

 

思い出の品を残しておくと、つい気持ちの区切りが曖昧になって、いつまでも引きずってしまいがちですよね。

 

別れた彼女のように、もう元に戻れないとわかったら、区切りをつけて連絡先から全て削除するというのは、実は思いを断ち切るための1つの方法でもあります。

 

その他もしも医療的な力を借りるのに抵抗が無ければ、カウンセリングやお薬の力を一時的に使うのも方法ですが、中には「そこまでは・・」と抵抗を感じられる方もいらっしゃいますよね。

 

もしそうであれば、整体に一度行かれてみるのも一案かと思います。

 

抑うつ状態になると体が強ばりがちになる他、整体師は体の凝った場所を探ったりするために、カウンセラー同様しっかりと話を聞いてくれるところもあります。

 

話を聞いてもらってスッキリする他に、凝りがほぐれて深い眠りを感じられるようになった方も、いらっしゃいますよ。

 

自律神経も整えられるので、前向きな気持ちを感じられやすくなるかと思います。

 

さらに2つめの幸せになるには・・についてですが、私自身は傷ついている今だからこそ感じることができる、他人の優しさのようなものがあるのではと思います。

 

例えば何でも無い時には笑顔で挨拶されても何にも感じませんが、傷ついている時は感情もセンシティブになってるので、笑顔で挨拶してもらうだけで心が暖かくなることもありますよね。

 

幸せになるには、そういう小さいことで良いので、感謝の気持ちを積み重ねていかれると良いのでは・・と感じます。

 

勿論、無理矢理感謝する必要は無く、自分の心に何か感じた時だけで構いません。

 

大きな命に関わる病気をした時も自分が不遇にあると思える状況でも、それは不幸なこととは違いますよね。

 

また逆境は、全ての人にあります。

 

今はたまたま、投稿者様に表れているのですね。

 

かつ、運命の赤い糸は一本だけでは無いということを投稿者様はご存知ですか?

 

その時々のタイミングで、赤い糸は何本も結ばれるそうです。

 

きっとまた、投稿者様に相応しい女性が出てこられることを思います。

 

投稿者様のこれから先の日々が、少しでも心穏やかなるものとなられますように。応援しています。

シェア
ツイート
はてブ
あとで見る

関連記事