昨日両親の喧嘩を見て、本当に辛くて辛くて自殺寸前でした

2016.09.10公開 2018.04.25更新
佐藤文昭

回答者
佐藤文昭
臨床心理士

ご質問

両親が時々仲が悪くなって喧嘩をするのですが、昨日両親の喧嘩を見て、本当に辛くて辛くて自殺寸前でした。

 

頭でも死ぬな死ぬなと、自分に言い聞かせてました。 昨日は、それでジアゼパムという頓服薬を飲んで落ち着いたので良かったですが、この先また両親が仲が悪くなったらどのようにしたらいいでしょうか?

 

今、私は精神疾患があって、まだ完璧には心が元気では無い状態です。 昔は、よく両親が喧嘩していたので、トラウマがあります。 昨日は、本当に死にたい気分でした。またそれを味わうのは苦痛です。

 

自殺する妄想をしてしまいました。 また、前に両親には、それぞれ、仲良くして欲しいという気持ちは伝えてあります。 お返事宜しくお願い致します。

回答

ご質問いただき、ありがとうございます。

 

一昨日は、ご両親の喧嘩でとても大変な時を過ごされたようですね。昔からご両親は不仲ということですが、あなたなりに色々と苦慮されてきたことでしょう。

 

そんな中でも、ご両親に「仲良くして欲しい」とあなたなりの正直な気持ちを伝えられたことは良かったと思います。

 

誰しも両親の喧嘩を目の当たりにすることは気持ちが良いものではありませんが、あなたの場合、自殺寸前まで気持ちが追い込まれてしまっているようです。

 

このことからも、あなたとご両親は、とても密着している関係にあるのかもしれません。「密着している関係」とは、「心理的にとても近い」という意味合いです。

 

もしかすると、あなたはご両親の喧嘩を目の当たりにすると、「自分が何とかしなくちゃ!」とか「自分のせいで喧嘩が始まった。自分が悪い・・・」などと感じてしまうところがあるのかもしれませんが、どうでしょうか。

 

こういった場合、必死にご両親の仲を取り持とうとすることは、残念ながら逆効果になってしまいます。一生懸命、ご両親の喧嘩の仲裁者になろうとすればするほど、あなたの自殺願望は高まってしまうことになるでしょう。

 

あなたに覚えておいて欲しいことは、ご両親の喧嘩の理由は、「あなた」ではないということ、そしてご両親はあなたの存在とは関係のないところで好き勝手に喧嘩をしているということです。

 

ご両親にはご両親なりの都合や気分があります。当然、お互いの相性や考え方の相違もあるでしょう。あなたとは別次元のところで、ご両親の喧嘩は繰り返されていると思うようにしてみてください。

 

ですから、繰り返されるご両親の喧嘩については、一切関わらないというスタンスでいることが、あなたの精神状態を守るうえでとても大切になってくるでしょう。必要以上にご両親の仲を取り持とうとしないことです。

 

「ほとぼりが冷めるまで、勝手にやらせておく!」ぐらいの気持ちでいてください。

 

ご両親の喧嘩が始まったら、すぐにその場を離れ、自分なりにリラックスできる状態を見つけ出すことも大切です。ご両親の喧嘩に巻き込まれないスタンスを是非身に着けて欲しいと思います。

シェア
ツイート
はてブ
あとで見る

関連記事