部下を育てる上司の5つの特徴と部下との会話に役立つ11つの言葉とは?

2019.07.12公開

春の人事異動を経て、初めて管理職になった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

頑張りたい気持ちがある反面、上司としてどうあるべきか、正直悩んでしまいますよね。

 

上司が部下のお手本となり、強力なリーダーシップで部下たちを引っ張っていく…

 

かつてはそんな「支配型」マネジメントが主流でした。

 

昭和、平成、令和と3つの時代を経て、上司と部下の在り方も変わってきています。

 

そんな中、上司の方は部下をどうマネジメントしていこうかと、悩むことも多いのではないでしょうか。

 

【関連記事】

>>優秀な部下を潰す無能な上司は変われる?5つのタイプ別に対策を解説

>>優秀な部下の7つの特徴・優秀な社員が出す5つの退職サインと対策とは?

>>部下が優秀で怖い…は卒業!部下との信頼関係構築5つのポイントとは?

>>部下をやる気にさせる言葉・奪う言葉13例をキャリアコンサルタントが紹介

>>仕事で褒める3つの効果!自分を褒める効果や方法は?心理学研究から解説

>>部下をうつ病にするクラッシャー上司の5つの特徴と7つの言葉とは?

>>怒る上司が無能な5つの理由。怒らない上司との違いとは?

 

部下が上司に求めている3つのこと

管理職になった方は、部下が上司に対してどんなことを求めているのか気になりますよね。

 

ここで、部下が尊敬する上司について調べた興味深いアンケートがありましたのでご紹介します。

 

2018年にエン・ジャパン社が自社転職サイトユーザー7,074名に対して行ったアンケート結果です。

・上司の尊敬する点、トップは「人柄が信頼できる」。若手は指示のわかりやすさや知識・経験の豊富さ、35歳以上はリーダーシップに惹かれる傾向。

・上司を頼るのは「仕事の進め方がわからなくなったとき」「失敗したとき」「納得できないことがあったとき」。

・上司に期待していることは「明確な判断」「人柄の信頼性」

出典:尊敬する上司の傾向、上司に求めることは?若手は親身な業務のアドバイス、35歳以上はリーダーシップ。―『エン転職』ユーザーアンケート調査 結果発表―2018/02/23

 

上記アンケートの結果より、部下が上司に対して求めていることは次の3つの要素と言えるでしょう。

①信頼できる人柄

②明確な判断力

③リーダーシップ、知識

年齢に関係なく、人柄や判断力は理想の上司に求められる要素なのでしょう。

 

仕事の経験が浅い34歳以下のビジネスパーソンにとっては、知識が豊富な上司は魅力的なようです。

 

一方で35歳以上の中堅層になると、リーダーシップが上司に求められる要素となっています。

 

自分自身が管理職となり、リーダーシップの取り方に悩んでいる姿が想像できます。

 

鈴木祐美子

産業カウンセラー

産業カウンセラー、CDA、国家資格キャリアコンサルタント。セブン-イレブン・ジャパンにて営業、人事を経験後、リクルートキャリアにてキャリアアドバイザー、独立行政法人雇用・能力開発機構にてキャリア形成支援を行う。専業主婦を経て、現在は人材関連企業にて幹部人材のスカウトを行う。二児の母。

シェア
ツイート
ブックマーク
  • 本コンテンツは、特定の治療法や投稿者の見解を推奨したり、完全性、正確性、有効性、合目的性等について保証するものではなく、その内容から発生するあらゆる問題についても責任を負うものではありません。
  • 本記事は2019年7月12日に公開されました。現在の状況とは異なる可能性があることをご了承の上、お読みください。

関連記事