【満席】メンタルヘルス×働き方トークイベント【#リミーイベント】

2018.01.22公開 2018.04.03更新
 

メンタルがつらい時、「気軽に休めたら…」「上司や同僚の理解があれば…」「自由に働けたら…」と、思うことってありますよね。

 

「精神疾患を抱えながら、仕事を上手に続けるにはどうしたらいいか?」

「他の人はどうやって仕事をしているのか」

 

こういったことを知りたいと思っても、同じような立場の人の話を聞く機会が少なくて困っている…という方も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回、過去のインタビューに出ていただいた、ますぶちみなこさん、松浦秀俊さんをお招きして、「メンタルヘルス×働き方」をテーマにトークイベントを開催することになりました。

 

お二人とも、双極性障害Ⅱ型という病気と向き合いながら、ますぶちさんはフリーランス、松浦さんは会社員として、それぞれ自分なりの働き方を見つけられています。

 

今回のイベントでは、「本当のところどうなの?」といった、よりリアルな部分にスポットライトを当てて、お二人にはお話しいただく予定です。

 

どう病気に気づき、

どう病気と向き合い、

どうやって今の働き方に至ったのか…

 

それぞれの生き方を見つめながら、一歩前に進めるような時間を、ぜひ一緒に過ごしましょう。

 

>>お申込はこちらをクリック

 

 

【登壇者】

ますぶちみなこさん(フリーランス・イラストレータ)

017

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【メッセージ】

気分の波に悩みながら転職を繰り返してきました。双極性障害の診断がおりたことから働き方を見直し、フリーランスで試行錯誤中です。その中で見つけたヒントをお話できればと思います。障害とも仲良くしたい!

>>ますぶちさんのインタビューはこちら

Twitter:@masco

 

松浦秀俊さん(会社員・広報)

359

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【メッセージ】

前職まで、1社で2年以上の勤務が続いたことなく、うつで退職、軽躁で転職を繰り返してきました。現在の会社では、6年間、休職無く勤務できるようになりました。私なりの双極性障害と付き合いながら、企業で働く工夫をお伝えできたらと思います。

>>松浦さんのインタビューはこちら

Twitter:@bipolar_peer

 

【スケジュール】

2018年2月18日(日)13:30〜16:00

※入退場自由

 

13:00~        開場

13:30~        オープニング

13:45~        メンタルヘルス×働き方対談

15:15~        質疑応答(会場&Twitter)

15:45~        ゆるくネットワーキング

※一部変更することがあります

 

 

【当日の大まかな内容】

当日、ますぶちさんと松浦さんには、対談の中で以下のような内容をお話していただく予定です。

 

・お二人の簡単な自己紹介

・「おかしいな」と気づいたきっかけ

・病名を認識するまでの経緯

・病気を認識するまでの間でつらかったこと

・病気と向き合って楽になったこと

・現在の仕事、働き方

・家族(パートナーなど)との生活の様子

・気持ちが楽になるために実践していること

 

※他にも当日は、会場だけでなくTwitter(ハッシュタグは、#リミーイベント)からもご質問を受付ける予定です。

 

 

【場所】

リヴァトレ品川

JR各線『品川』駅(港南口)から徒歩13分

京急線『北品川』駅から徒歩9分

りんかい線『天王洲アイル』駅から徒歩12分

>>詳しい道順などはこちら

 

〒108-0075 東京都港区港南2-11-1 品川シティビル2階

 

 

【人数】

30名

 

【料金】

無料

 

【主催】

株式会社NOMAL Reme運営事務局

 

【お問合せ】

株式会社NOMAL Reme運営事務局

メール:info@reme-nomal.com

 

>>お申込はこちらをクリック

記事をシェア
記事をツイート
記事をブックマーク
  • 本コンテンツは、メンタルヘルスに関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や投稿者の見解を推奨したり、完全性、正確性、有効性、合目的性等について保証するものではなく、その内容から発生するあらゆる問題について責任を負うものではありません。
  • ユーザーの皆様へ:ご自身のお悩みについて相談したい方は、こちらからご登録をお願いします。
  • 専門家の皆様へ:コンテンツついて誤りや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

関連記事