繊細すぎて生きづらい…いちいち傷ついてしまいます

2017.05.01公開 2018.05.10更新
佐藤真由美

回答者
佐藤真由美
チャイルドカウンセラー

ご質問

繊細すぎる性格で生きづらいです。些細なことで、気にしすぎることがよくあります。

 

私は体質的に食べても太らないので、「すごく細い」と毎日のように言われます。

 

だから、外出した時も「足、ほっそー」と言われたり、私と目が合ったりしている訳じゃないのに、ジッとこっちを見て笑ったりなんか言ったりして嫌です。

 

ジロジロ見られたりもあるけど、目立ってると思ってしまう時もあります。

 

「かわいい」ってちょっと嫉妬されてるような…それで、じーーっとガン見される時も、自意識過剰かもしれないけどあります。

 

学校でも喋ったことない人に、見られてなんか言ってるのを見ると心臓の鼓動も速くなるし、クラスでは後ろあたりで、男子が私の名前言って私について話してたり、悪口言ってたりしてました。

 

たくさんそういうことがあるし、ほとんど関わったこともないのに、「なんでいつも私ばっか…」と思います。

 

クラスの友達とおしゃべりしてると内容を聞いて、私の発言に笑ったり、馬鹿にしたようなのもあって、つい喋らないようにしたり、声をすごく小さくしたり、体に力が入ってリラックスできません。

 

素の自分、ありのままでいたいけど、それもよくわからないです。いちいち傷ついたりしちゃダメだと思っても「自分の事だ」と分かってしまって、憂鬱な気持ちにもなる時あります。

 

あまりに言われると、自分の悪い妄想とかも入ってしまって、言われてないのに言われてるとか勘違いしたり、ザワザワしてる所とかも緊張したり、ちょっと怖かったりで嫌になります。

 

つまり、私が長年悩んでる「人間関係の悩み」です。私は繊細なので気にしすぎな部分もあるかもしれません。

 

だから今でも気にしない!大丈夫!って思ったり、客観的に見たりとかやってみたけど悩んでしまいます。

 

なかなか相談できないのでこの相談室で相談してみようと思いました。

 

でも、遊びに行ったり、学校も楽しく過ごしたいし、ショックだったりするので是非お願いします。

回答

こんにちは。ご相談ありがとうございます。

 

人間関係、特に同年代の人たちとやっていく上での苦しさがよく伝わってきました。

 

その中で、自分のことを客観的に見てみたり、気にしないようにと、あなたなりに努力していることも伝わってきました。

 

長い間、本当に悩んできたんですね。

 

あなたは自分のことをよく理解しているし、こんな傾向があるとよくわかっています。

 

それはあなたが今まで努力して自分と向き合ってきた証拠だと思います。

 

あなたは勇気のある方だと思います。

 

他の人の動向を気にすることはごく自然なことで、程度の差はありますが誰しも持っている感情です。

 

人を気にすることは悪いことばかりではなくて、人を気にすることで得られる成長もあると思います。

 

おそらくあなたは、実際に他の人を気にすることよりも、そんなに他人ばかりを気にするあなた自身を

 

「これではダメだ。こんな私ではダメだ。何とかしなければ。」と否定しているように感じました。

 

そして、自分を否定していることがあなたを苦しめている一番の原因のように思いました。

 

文面から察するに、あなたにはプライドの高さがあるように思われ、それがあなたの弱さを受け入れられず、自己否定につながっているのかもしれません

 

まずは、自分のことを否定している自分に気づき、そのことを受け入れること、そして、自分の気持ちの整理が必要になってくるのではないかと思われます。

 

他の人が気になり始めたのはいつからですか?

そのときに、何を感じ、どう思いましたか?

 

など、いろいろな思い当たることを、紙に書きだしたり、誰かに聞いてもらったりして、整理してみて下さい。

 

その作業が一人では難しいようならば、学校の先生やスクールカウンセラーなど、誰かに頼って一緒にやってもらうことも可能です。

 

もちろんここに返信していただいても構いません。

 

あなたには、ここに相談できたように、相談できる力が備わっています。

 

是非、誰かを頼ってみてください。

 

これからも学校生活をあなたらしく、楽しく送れるように応援しています。

シェア
ツイート
はてブ
あとで見る