発達障害でも仕事で成功したい!2つのポイントを心理相談員が解説

2016.07.19公開 2017.06.24更新
 
シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
20

発達障害があると、仕事なんてうまくできない…」そんな決めつけた考えに囚われていませんか?

 

発達障害があっても、それをプラスに変えて、仕事で成功している人だってたくさんいるのです。

 

“気になるこだわりを仕事にする”ことと、“発達障害を理解する周囲の環境”に恵まれた時、発達障害があっても仕事で成功できるケースが多いようです。

 

 

成功のもとは自分のペースで出来ること

発達障害の方は、接客業や営業、管理職など相手の対応によって、即座に自分の対応を変化させる能力が求められる仕事は不向きといわれています。

 

人との変化するやり取りにストレスがたまり、適応障害に陥りやすいのです。

 

ですが、IT産業や研究者、技術者、デザイナーや自営業、逆にルーティーンワークなど、一つのことを追求し続けたり、決まった作業を続けることができる仕事に巡り合うと、その能力は大きく開花し、人並み以上の結果を残すこともあります。

 

 

発達障害の著名人もたくさんいる

例えば、アインシュタインやエジソン、そしてスティーブ・ジョブズなども、今の分類でいうと、自閉症スペクトラム障害ともいわれています。

 

この方々の功績があったからこそ、私たちの生活は便利になったわけですよね。

 

また、黒柳徹子は計算障害・読書障害、トム・クルーズも読字障害・失読症があったことを告白しています。

 

計算ができない、字が読めない、理解できないといった状態では、一般的な仕事に就くのは難しいかもしれませんが、テレビや映画を通して、私たちに楽しみを分けてくれています。

 

これらのことからも、発達障害だから仕事の成功者になれないわけではないことが理解できると思います。

 

 

よき理解者との出会いも成功の鍵

発達障害の方が仕事で成功するためには、隠されている能力を見出し、開花させる周囲の理解が大きいといわれています。

 

たとえば、対人能力に問題があるけれど、一つのことを正確にできる力がある子がいるとします。

 

普通に生活する中では、対人能力が欠けていることが問題で、一つの事に長けていたとしても評価が下がる傾向があります。

 

ですが、この「他人はない一つの能力」を生かすことが、その子の将来のためになり、ひいてはみんなのためになると信じる人がいることで、発達障害を持つ人の人生は大きく変わります。

 

対人関係は、周囲のフォローでカバーできるものです。しかし、その特殊な能力はその人以外に勝る人はいないのです。

 

欠点をカバーして、特殊能力を最大限引き出せる安全な環境に恵まれた場合には、発達障害があっても仕事に成功し、社会に貢献できる人になれる可能性が高まるのです。

 

 

得意とこだわりを仕事に生かす

発達障害は、周囲に合わせることが苦手であったり、興味のないことに対して極端にできなかったり、読み書きする能力に問題がある場合もあります。

 

けれど、得意とすることがはっきりとしている場合には、その得意とするものを伸ばすこと、その力を引き出すサポートをすることで、発達障害があっても仕事で成功することができます。

 

できないことを数えず、できることに目を向けていきましょう!

 

 

【執筆者】

村松真実 看護師・心理相談員

LINEバナー
シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
20

関連記事