主治医から否定され…自分の意思を貫いてもいいですか?

2018.01.15公開 2018.06.06更新
渡辺綾

回答者
渡辺綾
施設心理士

ご質問

相談いたします。

 

赤十字救急法救急員と防災士の資格取得を目指しているのですが、以前の主治医から「半分は偉いと思うけど、半分はエゴだ」と言われました。

 

正しいと思う反面「じゃあ先生は何故医師を続けているんだ?」と強い反発を覚えました。

 

また、私が勝手な自己愛性を匂わせる言葉の暴力を受け、残念に思いました。

 

「ベーシックライフサポーター」の講習は乗り切りました。

 

しかしそのようなことを言われたショックで、肝心の救急員の講習を受けたくてもメンタルが整わず、ドタキャンしてしまいました。

 

先生のおっしゃることはわかります。

 

でも、私が唯一社会に関われる術を頑なに否定され、聞きたいつもりでは全くなかった先生の主観ばかりで「どっちが診察しているんだ?」とも感じました。

 

セカンドオピニオンを考えましたが、先生の気分を害するだけだと思い、転院に踏み切りました。

 

私の数少ない生き甲斐を頭ごなしに否定されたことに残念に思います。心底悔しいです。

 

自分は自分の意思を貫いても大丈夫なのでしょうか。

 

私は褒められたくて目指しているわけでは決してありません。知らないよりはずいぶんマシだと思っている程度です。

 

加えて質問をいたします。

 

転院先は精神科病棟があるのですが、「任意入院」を希望しています。

 

ただし、目的は「客観的な観察を徹底してお願いしたい」というものです。入院期間は「72時間(3日間)」とし、長期の入院は希望していません。

 

ただし身寄りがないため、その適用が叶うかどうか現時点ではわかりません。

 

「観察を目的とする」ため、面会は一切断りたくお願いする方向です。

 

転院先の主治医の判断に入院の可否をお願いすることになりますが、このような事例は通るのでしょうか。

 

わかる範囲でご教示いただきたく存じます。

回答

はじめまして。投稿拝見いたしました。

 

まずは、こちらにご投稿いただきありがとうございます。

 

質問者さんのお心が少しでも軽くなるよう、一緒に考えていけたらと思っています。

 

さて、夢を実現しようと目的に向かって頑張っておられたとのこと。

 

しかし、唯一の生きがいだと思っていたものを、担当医に否定されたように感じて、大変傷ついていらっしゃるご様子。

 

私たちは自身の大切に思っているものを否定されることで、自分自身そのものがまるで否定されているように感じてしまうものです。

 

担当医がどのような流れで、どのような意図を持ってそのような発言をしたのかは、担当医にしか分かりません。

 

もしかすると、自身も医師という職業に就いているのは半分エゴであると認めた上で、

戒めの言葉として、あるいは客観性を持たせる言葉として、

悪気なしにおっしゃったのかもしれません。

 

あなたの大切なものは、そんな得体の知れない言葉では奪えません。

 

どうぞ自信を持って、ご自身が好きな事、ワクワクする事をこれからも大切にされてくださいね。

 

また、おっしゃる通り、入院については病院によっても基準が違いますし、医師の判断になるでしょう。

 

客観的に観察してもらうことが目的だとしても、辛い現状や何か症状があれば、必要に応じて入院治療することになると思います。

 

まずはご自分の状態をご自身が理解し、医師に伝える事が大切だと思います。

 

我々も、そのお手伝いができたらと思っております。いつでもご投稿お待ちしています。

シェア
ツイート
はてブ
あとで見る