障害者職業能力開発校とは?対象・支援内容・費用・申請方法・事例を社会福祉士が解説

2017.02.21公開 2019.05.16更新

現代では、ノーマライゼーションが進み、精神疾患を抱えながらも仕事に就いている方々もたくさんいます。

 

ですが、精神疾患はささいな環境の変化に影響を受けやすかったり、各々の能力に格差があるため、一通りの支援ではカバーできないことも多くあります。

 

そのために、各就労施設や障害者トライアル雇用制度、精神障害者ステップアップ雇用などのサービスが設置されていますが、能力の差などで、それらのサービスでも網羅できない方々もいます。

 

そういうケースに陥った時は、「障害者職業能力開発校」を利用してみるのはいかがでしょうか?

 

それぞれの能力に応じた訓練を行うことができますよ。

 

【関連記事】

>>自立支援医療制度とは?条件・メリット・デメリット

>>自立支援医療制度の申請方法・更新手続きとは?

>>障害年金とは?等級・金額・所得制限について

>>障害年金の受給資格・申請方法のポイントって?

>>傷病手当金の申請期間・書き方・金額・申請先

>>【傷病手当金】退職後の申請・任意継続の手続き

 

障害者職業能力開発校の対象者

一般の職業能力開発施設などで、訓練を受けることが困難な障害者の方すべてが対象となります。

 

また、精神障害者だけではなく、身体障害者や知的障害者も含まれます。

 

久木田みすづ

精神保健福祉士 社会福祉士

シェア
ツイート
ブックマーク
  • 本コンテンツは、メンタルヘルスに関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や投稿者の見解を推奨したり、完全性、正確性、有効性、合目的性等について保証するものではなく、その内容から発生するあらゆる問題について責任を負うものではありません。

関連記事