感情とオナラの共通点…上手なコントロール方法を臨床心理士が解説

2016.09.30公開 2018.11.20更新
 

「分かっているんだけど、ついカッとなる」「自分の感情に振り回されて後悔した…」

 

こんな経験があると、いかに感情をコントロールするかと考えがちですが、そもそも感情をコントロールすべきなのでしょうか?

 

そこで今回は、目には見えない感情(気持ち)の扱い方について、臨床心理士に解説してもらいました。

 

感情は自然

私たちの心の中には、常にいろいろな感情が絶え間なく湧き上がってきています。

 

この「感情」という目に見えないものを皆さんに説明する時によく使う例えがあります。私たちの体の中に自然と湧いて出てくるものというとどんなものがあるでしょうか?

 

答えは、ゲップとオナラです。

 

こんなものが湧いて出てくることに、いちいち責任を取らされては生きていけませんから、私たちは他人に迷惑をかけない範囲で適当に処理しています(時間や場所などを考えて)。

 

佐藤文昭

臨床心理士

おやこ心理相談室 室長 >>詳しい情報はこちら

記事をシェア
記事をツイート
記事をブックマーク
  • 本コンテンツは、メンタルヘルスに関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や投稿者の見解を推奨したり、完全性、正確性、有効性、合目的性等について保証するものではなく、その内容から発生するあらゆる問題について責任を負うものではありません。
  • ユーザーの皆様へ:ご自身のお悩みについて相談したい方は、こちらからご登録をお願いします。
  • 専門家の皆様へ:コンテンツついて誤りや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

関連記事