仕事が遅れていて休むことに罪悪感を持ってしまう…(40代・女性)

2017.10.24公開
梶原成子

回答者
梶原成子
臨床心理士

 
シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
47
ご質問

梶原先生、ご返信いただきありがとうございます。「いつまでならやっていけそうか」というのは、正直わかりません。

 

おそらく倒れるまではやり続けるんだろうなと思います。

 

どのようなことがあれば楽になるかに関しては、とにかく研究関係の成功(論文がすすむことやアクセプト、科研費の獲得)しかおもいつきません。

 

マラソンと同じで長期戦になると思うので、どこかで息抜きをしないと持たないだろうな、と頭では思っています。

 

しかし、息抜きに該当するようなこと(本を読んだり、音楽を聴いたり)をしていると「ただでさえ後れを取っているのに、こんなことをしていていいのか」と罪悪感を感じてしまいます。

 

そのため、電車の中でも論文を読んだり、書いたりしています。

 

また、夫に関しては「どうしてこんなに打たれ弱いんだろう」と心の底から不思議です。

 

目の前でうつうつとされると私まで気持ちが引きずられてしまうので、「本当に面倒くさい人だな」とおもいつつ、カバーせざるを得ない状況です。

 

カウンセリングも勧めたのですが、「僕は他人をなかなか信用しないので、カウンセリングに行っても話さないと思う。だから時間とお金の無駄だ」といわれました。

 

確かに必要性を感じていない人がカウンセリングに行っても無駄ですね、とおもってそれ以降は勧めていないのですが、だからといって私にそのしわ寄せがくるのは、どう考えても納得がいきません。

 

ただ、わたしが話を聞いてしまうのでカウンセリングに行かないのかもしれませんが・・・。

 

お聞きしたいこととしては、主に「罪悪感を感じずに休むにはどうしたらいいのか」「(私には理解できない理由で)すぐ不機嫌になる夫にどう対処したらいいのか(物理的な距離は取りたいのですが)」ということです。

 

よろしくお願いいたします。

 

 

▼前回の相談はこちら▼

回答

具体的にお返事をいただきありがとうございます。

 

あなたが様々な場面で苦労されていることがとてもよく伝わってきました。

 

あなたにとっては“研究関係の成功(論文がすすむことやアクセプト、科研費の獲得)”が今考える唯一の楽になることなのですね。

 

それが進んでいくことが楽になる道であれば、倒れることなくそれがなるべくスムーズにできるようになることに注力するのが良いかと思います。

 

今も日々頑張っておられることと思いますが、少しずつ進んでいる感じは持てていますか?

 

どのような時にはそれらがはかどっていますか?

 

いつ、どこで、どのように、そしてそれらを進めるのに助けになる物事、人について、振り返ってみましょう。

 

そして、その上でそれらを続けるための一つの手段として、”休む”ということを考えてみてはいかがですか?

 

”研究関係の成功”への道がマラソンのような長期戦なら、”休む”ということはの成功を達成する必要不可欠な大きな要素であり、大いにあなたを助けてくれるものです。

 

いつ、どこで、どのように、誰とどのくらい“研究関係”の時間を取るのか、いつ、どこで、どのように、誰とどのくらい“休み”の時間を取るのか、表にするなど目に見える形で書いてみてください。

 

そして書き出したことを意識しながら、“研究関係”を進めてみてください。

 

ただ、そうしても当分は“休む”ことに罪悪感がついてくるかもしれません。

 

しかし大丈夫です。やっていくうちにきっと変化が感じられていくと思いますよ。

 

夫への対処についても“研究関係の成功”ということから、見つめ直してみるのはどうでしょうか?

 

今、夫との関わりでうまくいっているのはどのようなことでしょうか?

 

確かに論文を書く上では大いに助けになっていますね。

 

あなたが感謝していることは夫にきちんと伝わっていますか?

 

そばにいるあなたの役に立っていること、あなたがそれを喜んでいることがきちんと夫に伝わることは夫のエネルギーになるように思います。

 

彼の機嫌の悪そうな時はできるだけそっと離れて距離を取るようにしながら、まずはその辺りからやってみてください。

 

このように取り組んでみながら、どのような変化が表れてくるのか、小さな変化に注目して観察してみてください。

 

そしてよければまた教えてください。

梶原成子

梶原成子

臨床心理士

カウンセリングオフィスSola 代表
詳しい情報・お問合せはこちら

カウンセリングオフィスSola 代表
詳しい情報・お問合せはこちら

LINEバナー
シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
47

関連記事