イライラが止まらない…薬以外の対策方法は?

2017.10.29公開 2018.05.25更新
佐藤文昭

回答者
佐藤文昭
臨床心理士

ご質問

返信ありがとうございます。イライラした時に対応ができないなと昨日の夜に気がついたので短い時間で働こうと思います。

 

今週から就労移行支援の方と相談するようになり、ハローワークや病院のこと等、今後どうしていくかを話し合う予定です。

 

イライラした時などに飲む薬はもらってますが、飲んだら2.3日ずっと眠くて仕事どころではなくなります。

 

イライラしないようになればいいのですが。最近話題の女の議員さんは私にそっくりです。

 

イライラがどうしようもなく止まらなくなって、イライラが飛び火して何から何までイライラする状態、そうなりやすいのは自分で分かってます。

 

あんまりイライラしたくないのですが対策方法が薬だけだと困りますね。

 

どのみち働かないといけないけど、対策方法が見つかるまではA型で探そうかなと考えています。

 

焦る気持ちの抑え方は分かんないですけど気持ちの安定は常に日々求めています。

 

ただ外からの?刺激に弱いとゆうか状況が変わった時に臨機応変にとかが苦手です。

 

急な環境の変化は疲れますね。そしたら仕事できないとも思います。

 

できないこと探したらいくらでも出てくるので何ができるか探しています。手帳申請もどうするか迷っています。

 

今の先生は適応障害だと言ってましたが、昨日就労移行支援の方とも話しした感じだといろんな精神病が混ざってるような感じとの意見で私もそう思ってます。

 

きっと、一生正しい病名は分からないのかなと思うし、そしたら治ることは無理なのかなと不安心配もありますね。

 

人生、いかに諦めるかと以前の職場のおばさんが語ってましたが、本当にそうなら生きる必要ないなと思います。

 

▼前回の相談はこちら▼

回答

再度、ご質問いただき、ありがとうございます。

 

あなたなりに出来ることから始めようと、いろいろ選択肢を持たれているようですね。

 

また、就労移行支援の方との相談では、有益な情報がもらえるといいですね。

 

さて、イライラへの対処法で代表的なものは、「アンガーマネージメント」というものがあります。

 

聞いたことがあるかどうかはわかりませんが、怒り(イライラ)の感情と上手に付き合っていく方法を意味しています。

 

あなたの場合、今のところイライラへの対処法はお薬を飲むということでしたね。

 

お薬以外の方法でもイライラと上手に付き合っていけるようになるといいですね。

 

この「アンガーマネージメント」は、怒りの感情をなくすとか、押さえ込むことではありません。

 

怒りの感情自体は悪いものではないということを覚えておいてください。

 

そのことを理解し、怒りをコントロールする技術を身に付けることが大切になってきます。

 

その中でも、特に大事なポイントを今回はお伝えしておきますので、参考にしてみてください。

 

まずは、怒りの感情のピークである「最初の6秒をやりすごす」ということです。

 

人は怒ったときに「最初の6秒」でアドレナリンが強く出ると言われています。

 

ですから、この「コントロールできない6秒」という時間をやりすごせば、だいたいなんとかなります。

 

具体的な対応策としては、イラッとしたり、むかつくことがあったら、

 

・まずは深呼吸をしてみる

・もしくは手のひらに指でそのことを書いてみる

・その場から離れてみる

・100から7を引いていく

 

などという方法があります。

 

体を使って「最初の6秒」を待つことを覚えるのが一番効果的と言われています。

 

慣れてくれば頭の中で待つのもいいのですが、体で作業して待つほうが効果的でしょう。

 

次にその怒りに、「0」は穏やかな状態、「10」は人生最大の怒りというふうに10点満点の点数をつけてみます。

 

点数をつけることで冷静さを取り戻し、対処法が考えられるようになってきます。

 

これがアンガ―マネジメントの第一歩になります。

 

これらは実践していく中で、少しずつ身についていくスキルになるので、場数を踏んだ分だけ、自分のものになってくるでしょう。

 

あなたが少しでもイライラと上手に付き合っていけるようになることを心より応援しています。

シェア
ツイート
はてブ
あとで見る