人と関わるのが嫌になりました。生きる理由はもうありません(30代・女性)

2017.07.06公開
佐藤文昭

回答者
佐藤文昭
臨床心理士

 
シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
121
LINEで送る
共感
121
お気に入り
ご質問

どう生きていけばいいのか分かりません。笑って過ごすためには、全般性不安障害とうつ状態を早く治したいのですがどうしたら治るのか分かりません。

 

素直に生きなさい、教えられて困ってる人がいたら助けなさいと教えられて来ました。母は外国育ちで、私が幼少期の頃に日本に来ました。

 

私が小学生になる頃から、毎日イライラして「死にたい」と私に連呼していました。私自身は素直に生きてるいる方だと思います。

 

ただ喜怒哀楽も激しく、笑いたい時に笑い泣きたい時に泣く、日本ではそれが心配や迷惑になるからダメだそうです。

 

日本の常識も曖昧、大人が言うことは矛盾だらけ、神経質な私として何回も体を壊して転職しています。

 

過去に私自身、10年来の親友がいました。その子はみんなが言えないようなことを代表して私に怒りました。

 

「あなたがイライラしてると、みんな嫌な空気になるから笑いなさい」と。それで私は笑いました。

 

嘘つくのが嫌いなので嘘くさい笑顔です。

 

笑えない時にでも無理して笑うのが普通なのでしょうか?「素直に生きなさい」と言った親はばかものなのでしょうか?

 

素直は日本ではダメみたいです。怒ることができなくなり、笑うことしかできなくなり、笑うことが疲れていきました。

 

人と関わるのが嫌になりました。私はその子に心配や迷惑にならないよう、仕事以外の相談事はしなくなりました。

 

他にも同じ職場の友達がいたので、他の子に話したり仲良くしていました。

 

 

今、心療内科とハローワークに通っています。ハローワークでは臨床心理士さんのオススメによりウェイス3という検査をしました。

 

心療内科では全般性不安障害とうつ状態でしたが、半年ほど前の傷病手当の情報で、今の心理状態はかなり変わってきています。

 

ストレス溜まって体壊して仕事を辞めることが多いです。今はイライラを抑える薬と不安が大きくならないようにする薬と眠りやすくなる薬を飲んでいます。

 

生きる理由はもうありません。

回答

初めまして。ご質問いただき、ありがとうございます。

 

また、ご丁寧に、あなた自身について詳しく教えて下さり、ありがとうございます。

 

「生きる理由がない」というあなたなりの苦しみが、何となく伝わってきたように感じました。

 

お母様からも「素直に生きなさい」と教えられてきたように、おそらく、あなたは元々、感情表現が豊かで、素直な心の持ち主なのかもしれません。

 

ところが、日本文化に溶け込むために、あなたなりに身に着けてきた方法が、素直な気持ちを我慢して、自分にウソをつくことだったのかもしれませんね。

 

これでは人と関わることがイヤになり、疲れてしまうのも無理もないでしょう。

 

ここにこそ、あなたが抱える「生きづらさ」の理由が隠れているように思います。

 

あなたにとって、日本で生活することは、周囲の顔色を窺い、空気を読み、周囲に迷惑や心配をかけないことを求められ、また、どことなく自由に素直でいることを禁じられているように感じ、何よりお母様の教えやお母様の存在を一方的に否定されているように感じるのではないでしょうか。

 

今後、あなたにとって必要なことは、本来の自由で素直なあなたらしさを少しずつ取り戻していくことです。

 

笑いたい時に、思い切り笑い、泣きたい時に思い切り笑う。苛立つときには、怒ってもいいでしょう。

 

ただし、感情表現にはTPOをわきまえる必要があります。

 

感情を素直に出していい相手や場所を間違えないよう注意しておいてください。

 

この点だけ押さえておけば、感情表現はむしろ積極的にやった方がいいでしょう。

 

素直な感情表現が取り戻されてくると、うつ状態にも少しずつ変化が生じてくるはずです。

 

長い年月をかけて、押し殺してきたであろう素直で自由な自分を取り戻していくためには、少し時間がかかるかもしれませんが、今からでも決して遅くはありません。

 

あなたが本来の自分らしさを少しずつ取り戻していき、素直に笑って過ごせる日々が送れるよう、これからも応援しています。

佐藤文昭

佐藤文昭

臨床心理士

おやこ心理相談室 室長

詳しい情報・お問合せはこちら

おやこ心理相談室 室長

詳しい情報・お問合せはこちら

LINEバナー
シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
121
LINEで送る
共感
121
お気に入り

関連記事