親から言われた「自殺しろ」という言葉が頭から離れません

2017.11.30公開 2018.05.30更新
村松真実

回答者
村松真実
看護師 心理相談員

ご質問

昔からなんですが、最近特に普通の生活ができなくなってきて、どうしたらいいか分からず、相談するかたちになりました。

 

家庭環境も1つの原因だと思いますが、人から少しでも否定されたり、それに近い行動などをされると、物凄い不安や恐怖に襲われて、自分をひたすら責めてしまいます。

 

以前、親から言われた”自殺しろ”という言葉が頭から離れません。いつも必要とされてないと感じ、死を考える事も多々あります。

 

また、感情の変化が激しく、コロコロと気分が変わり、今まで周囲の人を困らせちゃうこともありました。

 

食欲も日によって違って、物凄い食べる日もあれば全然受け付けない日もあり、肌荒れや胃が痛くなったりもします。

 

また、お仕事も休みがちになってしまい、家族や親戚から見捨てられ今は1人で生きてます。

 

生活的にも苦しく、どうしたらいいか分かりません。

 

友達が助けてくれるとは言ってくれましたが、こんな状態では迷惑がかかるし、万が一、友達にまで見捨てられたらどうしようという不安があり、誰にも頼らず過ごしてきました。

 

お金も尽きてきて、死を考えましたが、友達の顔や思い出がよみがえりなかなかそれは無理でした。

 

病院行くにもお金がありません。携帯も止まると思うので、その前にご相談させていただきました。

 

ネットで色々なこと調べてみましたが、解決策が見つからず気力もなくなってきました。

 

言葉がまとまりませんが、このような状態でいま困っています。

回答

初めまして。ご相談ありがとうございます。

 

つらい気持ちの中、この場所で相談してみようと思ってくれたことを嬉しく思いました。

 

今、体調も優れず、仕事ができずにお金も尽きてきた状況なのですね。

 

自分が誰からも必要とされる存在ではなく、死にたいとも思ったけれど友人や思いでが浮かび、死ぬのをとどまったのですね。

 

死にたいほどつらいのに、友人の悲しむ顔を想像して思いど止まることができたあなたは、相手を思いやることができる素敵な女性なのだと感じました。

 

 

今のあなたはたくさんの問題を抱えていると思いますが、まずは生活を整えることから始めてみませんか?

 

お金がないことは、将来に希望を見出すことができません。

 

友達に頼ることは嫌だとのことですが、市役所などの相談窓口を利用したことはありますでしょうか。

 

市役所には、様々な相談に対応できる窓口があります。

 

特にお金がなければ、生活がすぐに困窮してしまいますので、「福祉課」などの窓口で現状を相談することをお勧めします。

 

時には生活保護を申請し、生活基盤を安定させてから就職について相談に乗ってくれると思います。

 

一人で行く気持ちになれないのなら、助けてくれる友達と一緒に行って、一緒に話を聴いてもらうのはどうでしょうか。

 

その程度なら、友達に迷惑をかけることにはなりませんし、心配している友達も安心してくれるのではないかと思います。

 

また、親から言われた”自殺しろ”という言葉ですが、その前後に何があったのかを思い出してみると良いかも知れません。

 

あなたの心を突き刺す言葉には違いありませんが、その前に「自殺したい」といった言葉をあなたが繰り返していたのかも知れません。

 

また、もともと口が過ぎる両親であなたがそれほど傷つくとは思っていなかったのかも知れません。

 

一つの言葉にこだわり続けることよりも、全体像を思い出してみることで言葉に丸みが出てくることもあります。

 

あなたは、誰からも必要とされていないと考えてしまう傾向があるとのことですね。

 

それは、両親や今まで出会った人との関係性の積み重ねから、そのような思いを強くしたようですね。

 

ですが、あなたは思い出すことによって死ぬのを思いとどまらせてくれた友人がいます。

 

きっと、それは友人があなたを「友達としてあなたを必要としている」からこそ、あなたに思い起こさせたのだと思います。

 

たくさんの人に必要とされている人は、それほど多くないのではないかと思います。

 

私も、きっと私を必要としている人は、数名程度ではないかと思います。

 

ですが、逆に、私にとって必要な人だと思うからこそ、相手を大切にしたいと思う相手はたくさんいます。

 

相手を大切にしたい、そして相手から必要とされたいと思う気持ちが、お互いの居心地の良い距離感や関係性を作っていくのではないかと思います。

 

今、あなたにとって大切なことは、生活する不安を解消した上で、将来について考える時間を持つことだと思います。

 

苦しい時に社会制度を利用することは、とても大切なことです。まずは、市役所などの窓口に行ってみてください。

 

そして、自分の気持ちを理解されるまで、頑張って言葉にできる強さをもっていきましょう。

 

将来、カウンセリングなどを受けて、自分の考え方を知ることも良いと思います。

 

あなたのご友人は、あなたが苦しい時に頼ることを迷惑だと考えていないと思います。

 

そして、今、こうしてあなたにつながることができた私も、あなたのことを心配し、何か力になれることはないだろうかと考えつつ、返事をさせて頂きました。

 

不安が強い時や、気持ちが整理できない時は、また相談してください。

 

これからもあなたを応援させてください。

シェア
ツイート
はてブ
あとで見る