やるべきことを後回しにしてしまう!癖を克服する方法は?

2016.07.02公開 2016.11.30更新
成田恵

回答者
成田恵
臨床心理士

 
シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
0
ご質問

やらなきゃと思うほど逃げ出したくなります。

とくに提出物や手続きがなかなか進みません。

学生時代は、提出物はいち早く終わらせるタイプだったのに、独り暮らしをはじめてから後回し癖がつきました。

治すにはどうしたらいいでしょう?

回答

こんにちは、ご質問ありがとうございます。

私自身も早く仕事を片付けられたらどれだけいいことか、といつも思っています。

 

後回しするクセは、(ある程度は)私たちの誰しもが持っていると思います。

「面倒」

「やりたいことだけやりたい」

「プレッシャーに耐えられない」

「思うように進まない」

さまざまな理由で後回しにしてしまうのでしょうね。

人によってそれぞれ状況が異なるので、一概にお勧めの方法があるわけではないのですが、ご自身にあった対処法を探すひとつのヒントとして、少しだけお伝えさせていただこうと思います。

 

ご自身がやるべきことを早めに終わらせることが「できていた時」と「できない時」には、どんな違いがありますでしょうか?

状況の差だけでなく、タスクの内容や緊急度、強制力、自分にとっての重要性、意味づけ・・・などさまざまな観点から考えてみましょう。

あまり難しく考えずに、思いつくところから整理してみてください。

 

そして、後回しにすることをあまりネガティブに考えないことも大切です。

これらを一度整理してみることによって、もともとご自身ができていた時のやり方から、後回しにする癖を克服するヒントを得られるかもしれません。

一人で考えてみても解決策が浮かばないようであれば、周囲の人や専門家に相談してみてください。

ご自身に適した方法が見つかるといいですね。

 

成田恵

成田恵

臨床心理士

心理相談室QueSera(ケセラ)代表

成田さんのインタビュー記事はこちら

心理相談室QueSera(ケセラ)代表

成田さんのインタビュー記事はこちら

LINEバナー
シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
0

関連記事