些細なことで死にたいと思ってしまいます…どうすれば?

2018.03.19公開 2018.06.22更新
佐藤文昭

回答者
佐藤文昭
臨床心理士

ご質問

前もそうだったんですけど最近、小さい事ですぐ死にたいって思ってしまうんです。

 

好きな趣味もあり、やりたいことあり、親友もいて、彼氏もいて、存在理由もあり、すごく恵まれてる環境・家庭なのに思ってしまうのです。

 

すぐ思い込みがすごいので、

 

おばあちゃんが家に来て弟が塾でいなかった時、おばあちゃんは弟がいないとなんだか静かだねって言ってて、

 

私は静かでつまらないよなとかすぐに思ってしまって傷付いてしまいます。

 

死にたくないのに生きれない人も世の中にはいるって知ってて、死にたいと思うのはダメだってわかっててもすごく小さな事でも思ってしまうのです。

 

親友や彼氏にそういう事を相談はしてて、アドバイスとか私のこと慰めてくれたりとかしてくれて存在理由は見つけたり立ち直れたりはするのですが、その時だけなんです。

 

同じ相談事なのでこれで3回目くらいなので呆れられちゃうかなって思って、こういう事については2回くらいしか相談してもらってないです。

 

どうしたらいいか教えてください。おねがいします。

 

また、一昨日くらいに、彼氏ともずっと一緒にいる友達とも上手くいかなくて家に帰って家族にひどい言葉を連呼してしまったりしました。

 

その上で自分の愚かさや不甲斐なさが改めてもっとよく分かりました。

 

そういった上で 自己整理がついてません。

回答

再度、ご質問いただき、ありがとうございます。

 

質問しづらい内容を勇気を出してこちらに投げかけて下さり、ありがとうごさいます。

 

あなたの周りには、恵まれた人間関係や家庭環境があるにもかかわらず、

 

どういう訳か死にたくなったり、自分の存在意義が感じられなくなってしまったりと感情の波が突然押し寄せてくることがあるようですね。

 

親友や彼氏に相談しても、その時は一時的に気持ちがラクにはなるようですが、すぐにいつものパターンに戻ってしまうようです。

 

実は、あなたのようにすぐに同じようなパターンに陥ってしまう背景には、ちょっと難しい言葉ですが「自動思考」というものが影響しています。

 

簡単に説明するとすれば、「考え方のクセ」ですね。

 

このクセを見つけて、違う考え方、もっと楽な考え方に変換する作業を「認知行動療法」と呼びます。

 

本来はカウンセリングなどで専門家の先生と一緒に取り組む作業ですが、

 

現在は初心者でも簡単に取り組める入門書なども多数出版されていますので、書店などで一度手に取ってみられてはどうでしょうか。

 

認知行動療法に関する書籍は、沢山出版されていますが、その中でも分かりやすいと思われるものをご紹介しておきます。

 

参考にしてみて下さい。

 

☆ 「図解 やさしくわかる認知行動療法」ナツメ社 ☆

 

☆ 「マンガでやさしくわかる認知行動療法」日本能率協会マネジメントセンター

 

☆(☜学校の図書館などでも置いてあるかもしれません)

 

これらは私が日々の心理臨床の中で、あなたのような年代の方々に入門書として認知行動療法を紹介する際に使っているものでもあります。

 

まずは、自分の考え方のクセのパターンを見つけてみて下さい。

 

違った考え方や捉え方の例なども載っていると思いますので、参考にしてみて下さい。

 

「自動思考」は、すぐに変えることは難しいかもしれませんが、自分の思考パターンに気付くだけでも気持がラクになることがあります。

 

 

まずは、自分のクセのパターンに気づくことが最初のステップです。

 

どんな種類があるのか色々調べてみましょう。

 

もし分からない点や疑問点、質問やその他の相談などありましたら、いつでもこちらをご利用ください。

 

シェア
ツイート
はてブ
あとで見る

関連記事