仕事=お金と割り切る方法ってありますか?現在求職中の引きこもりです

2016.09.29公開 2018.04.26更新
佐藤文昭

回答者
佐藤文昭
臨床心理士

ご質問

僕は今、30代で正社員歴なしの求職中の者です。 大学で就活がうまくいかず、ひきこもりになりました。

 

去年、ニートを脱して、障害者福祉事務所の事務職としてお手伝いしてましたが、辞めました。

 

理由は

・自分が男性なので、いざ施設の長になった時に引っ張っていけるか心配だった事

・内向的で暗い性格なのもありますが、障害者のためにそこまで尽くせるか疑問になった事

・他のスタッフが福祉に熱心だったので自分が温度差を感じ、申し訳なくなった事、などが原因です。

 

ただ、事務作業は好きだった事、自分自身がメンタルが弱いので、営業職は無理だし、前の職場に戻ろうかとも考えてます。

 

年齢的に後がありませんし。 そこで仕事をお金として割り切る方法があれば、教えていただければありがたいな、と思ってます。よろしくお願いします。

回答

初めまして。ご質問いただき、ありがとうございます。

 

まず、あなたはご自身で、前の職場をお辞めになった理由をしっかりとお持ちのようですね。また前職場のプラス面にも意識を向け、お戻りになる選択肢も検討されているようです。

 

職場におけるプラス面とマイナス面の比較検討は、とても大切な作業です。 その中で、どこに妥協点を持っていくかが職業選択のポイントになってくるでしょう。

 

あなたは、仕事を「お金」として割り切る方法が知りたいと書かれていましたね。 実は、これは最初からなかなかできるものではありません。

 

割り切るためには、まず日々の業務内容や仕事の大まかな流れを知っておくこと、そこに携わる様々な人間関係の中に身を置いておくことなど、ある程度の「経験」と「時間」が必要になります。

 

また、毎日繰り返される業務の中で、うまくいかない経験や、逆にうまくいった経験などを通して、色々と見えてくる発想の一つに「割り切り感」は生まれてきます。

 

ですから、前の職場にお戻りになられるようでしたら(あるいは他の業種でも構いません)、

・まずはそこでの毎日を淡々とこなしていくこと、

・色々な不安や心配はあるかもしれませんが、それはその時になってから考えるように心がけてみること、

・そしてすぐに結論を出そうとしないこと、を心がけてみられてはどうでしょうか。

 

そのような体験を通して、お金のために割り切る必要性があると強く感じたとすれば、その時が本当の意味で割り切るタイミングなのかもしれません。

 

あなたには自分の力でニートを脱することのできる力があります。それだけの勇気と行動力がすでに備わっているんだと思います。

 

どんな形であれ、あなたらしい一歩が踏み出せることを心より願っています。

シェア
ツイート
はてブ
あとで見る

関連記事