毎日夫婦喧嘩する両親…父からの暴言や暴力…どうすれば?

ロケ民子

回答者
ロケ民子
正看護師

ご質問

まず、困りごとは、小さい頃にお母さんが妹の世話ばかりしていたのがきっかけで、ひとりでいることが多くなりました。

 

体調が悪くても親は「そんくらい大丈夫だ」といって、無理やり学校に行かされたり、やりたいことは全部否定され、お父さんからは、

 

「自分が働いて貯めたお金で生きているんだ、だから文句をいうな」

 

と言われます。

 

それに、毎日夫婦喧嘩を聞かされたり、言葉の暴力や酷いときは怒ると物を投げられたり、叩かれたり蹴られたりします。

 

保育園の時は、何か小さいことでもできないと(たとえば、保育園で折り紙を折りましょうって時にうまく折れなかったりすると) 怒られるんじゃないか、といろいろなことを考えて泣いてしまうことがありました。

 

小学校では小さいいじめのようなことをされ、もともと人見知りだった私は、学校では、喋りかけられても話すのが怖くて、無視することしかできませんでした。

 

中学校の今では、ちゃんと話せるようになりましたが、嫌なことがあっても、笑ってごまかすようになりました

 

なので、相談しようと思いました。

回答

こんにちは、勇気を持ってこちらに相談していただきありがとございます。

 

小さい頃からお姉さんとして育ってきたあなたは、辛いことや悲しい事、弱音を吐いて頼りたいと思っていても、なかなかそう出来る環境になく、ずっと一人で我慢しながら頑張ってきたのでしょう。

 

あまりくつろぐ事もできないで、家庭でも学校でもいつも緊張して過ごしてきたのではないかと思います。

 

今までよく、頑張ってきましたね。

 

まずは、そんな自分をたくさんほめてあげてくださいね。

 

さて、今あなたは人との関係で、自分の思っていること、特に嫌だと思うことを言いづらいという状況なのですね。

 

今までの経過を拝見すると、以前は人と話すことが怖くて無視することで対応してきたのに、今は話をすることができるようになったというのは大きな進歩です。

 

その進歩はとても大きいと思いますよ。

 

それができるようになったらから、次の悩みも出てきたのですし、一歩一歩着実にステップアップしている証拠ですね。

 

嫌なことがあった時に笑ってごまかす。というのは、今までの経験で自分を守るために自然に身についた防御反応の一つなのだと思います。

 

きっと自分の気持ちを伝えたときに、嫌な経験をした記憶があって反論するよりは笑って同意しておいたほうが傷つかずにいられることを体験を通して学んだのでしょう。

 

ですが、それが今都合が悪いと感じるなら、ちょっとずつその方法を変えていけばいいですね。

 

始めから全部変えるのは難しいと思うので、自分の意見を言えそうな時など少しずつやってみるといいですね。

 

「あなたはそう思っているのね〜」と同意した上で、

 

「私は〇〇(嫌だと思っている、悲しいと思っている等)と思っているよ」と自分の思いを伝えてみるトレーニングです。

 

別に意見は人と一緒でなくてはならないわけではなくて、人と違ってもいいのです。

 

ただ、自分の意見を伝えるという感じでやってみてくださいね。

 

まずはトレーニングと思って、できそうな時にチャレンジしてみてください。

 

あなたの学校生活が気持ちよく送れるよう、心から応援しています。

シェア
ツイート
はてブ
あとで見る