離婚した両親から人間不信になり自傷行為も…病院に行くべき?

池田智理子

回答者
池田智理子
キャリアコンサルタント 認定心理士

ご質問

自分が2歳の時に親が離婚し、その理由を今まで知りませんでした。

 

それまで理由を知らないまま、母親は父親のこと、父親は母親のことの悪口を今まででずっと聞いてきました。

 

母親と父親だけでなく、両方の親戚もお互いの悪口を言って、それをずっと聞いてきました。

 

それで理由を今さら父親に言われても正直信じられないし、理由を聞いたからと言ってお互いの親戚達が悪口を言わなくなるわけでもなく、それを頻繁に聞いてうんざりしています。

 

私は父親と、父親の祖父母と暮しています。母親は再婚を数年前にしています。

 

父親が最近、高校生の時に付き合っていた人と頻繁に連絡をとるようになり、「これ怪しくないか?」と思っていた時に電話をするため、その人のLINEのトークを開いたままどこかに行った時に、LINEのトークをみたら酷かったです。

 

姉と自分の悪口を言って、逃げ出したい。母親と結婚した時も母親じゃなく、その人が好きだったとか。

 

ただでさえお互いの悪口とかで大人が嫌いで人間不信になりそうだったのに、こんなの見たらどうしたらいいかわかりません。

 

3年前からストレス発散の方法がわからず、リストカットはしていませんが、腕をや手を噛んで出血したり、窓ガラスを手で割ったりはよくします。

 

相談したら友人には精神病院き行ってみろと言われたんですが、行ったことがなくてどうしたらいいか分かりません。

 

精神病院に行った方がいいのでしょうか?

 

私は家庭が少しでも良くなればと、小学低学年の時から父親には何度も訴えていますが、聞く耳は持たない、お前が全部悪いみたいに言われて、どうしようもできません。

 

親戚もそんな感じなので誰も助けてはくれません。

 

これどうしたらいいのでしょうか?

回答

初めまして。ご両親が離婚されたとき、あなたはまだ2歳だったのですね。

 

物心もつかない幼い時の離婚にあなたの責任は何もありません。

 

それなのに、ご両親やご親戚の悪口の言い合いを黙って聞いて来られたあなたの心労はとても大きなものだと感じました。

 

ストレスの発散の仕方がわからず、自分の身体を傷つけることで耐えてきたのですね。

 

今まで、よく頑張って来られましたね。

 

そして、そんな中でお父さんのLINEの内容を読んでしまい、もうぎりぎりの状態で、ここにご相談くださったのですね。

 

お話ししてくださって、本当にありがとうございました。Remeに繋がれて良かったと思いました。

 

さて、お友達に相談された結果、精神科に行ってみたらと薦められたのだけれど、どうしたらよいかわからないということでした。

 

幾つか回答させて頂きますので、ヒントになればと思いました。

 

①精神科または心療内科を受診する方法。

 

一般の病院とは違い、完全予約制のところが多いようです。行きたいと思う病院に電話をして予約をとってください。

 

大体、3週間から1ケ月先まで待つところが多いそうです。

 

保険証と診察代金が必要です。状態によっては薬も出ますので、薬代も必要になります。

 

カウンセリングも薦められるかもしれません。また、病院には得意とする分野があります。

 

発達系、精神疾患全体、家族関係などです。

 

お話しを読むと、家族関係(家族療法)が得意なところを探されるほうがいいかもしれないと思いました。

 

またDr.と相性が悪い場合もありますので、もし合わないと思われたら別のところを探されることも大切です。

 

②あなたが病院に行かなければならないとは限りません。

 

ご友人、お姉さんまたは他の信頼できる方に話してみることで、ストレスが軽減される可能性もあります。

 

学校にはスクールカウンセラーなどが配置されているかもしれません。

 

そういう方に相談されるのもひとつの選択肢となります。

 

③自分の身体を傷つけずにできるセルフカウンセリングをお薦めしたいと思います。

 

病院にも行かないし、お薬も飲みません。あなたの好きな所で、好きな時間にできるカウンセリングです。

 

セルフカウンセリングで検索するとヒットしますので、あなたに合ったやり方を見つけてみてください。

 

一例として、リンク先を書いておきます。

 

http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0712/10/news057.html

 

④ご両親にはご両親の人生があるように、あなたにもあなたの人生があります。

 

その人生を左右したり、思いのままにされたりするような権利はどなたにもありません。

 

けれど、まだ、あなたは16歳です。

 

家を出て自立するには少し早く、もうちょっとの時間が必要です。

 

それがあなたにとっては悩みとは別の課題です。

 

これから先のあなたの人生をどうしていくか、考え始めることも大事なことだと思いました。

 

さて、色々試してみてみてください。

 

あなたの毎日が少しでも楽になりますように!

シェア
ツイート
はてブ
あとで見る