1年前に彼に傷つけられたトラウマが消せない…どうしたら?

倉本梓

回答者
倉本梓
臨床心理士

ご質問

一年前に彼に傷つけられたトラウマがまだ消すことが出来ず苦しんでいます。

 

彼から紹介された友人の女性が、実は彼と過去に一度遊びで体の関係があった人でした。

 

一緒にお出かけしたり、ダブルデートしたりしてもう大分仲良くなってしまった後でした。

 

彼には、友人AとAの彼女の2人の友人がいました。

 

Aの彼女と彼が、過去に一度体の関係があった事をAから暴露されました。

 

「お前の彼氏と、◯◯(Aの彼女)は、俺達が付き合う前に一度寝たんだ。それも、俺達が付き合う一週間前のことだ。俺は付き合ってからその事を彼女から知らされたんだ。」

 

と言われました。

 

体の関係があったのは、私と付き合う前の話のようですが、とてもショックでした。

 

何より、彼がずっとその事を黙ってその彼女の方ともまだ仲良くしていたこと、

 

その事を暴露されるかもしれないともわからずに私にに2人を紹介してきたこと、

 

彼女の方と会ってしまったこと、

 

会ってしばらく仲良くなってしまっていたことがショックで今も、時折トラウマとなって苦しんでいます。

 

彼とはもう何度もこの話をして、彼も何度も何度も謝ってくれています。

 

彼の言い分としては、

 

「(私)が本当に大切な人だから、わざわざ言わなくてもいい過去のことを知らせて傷つけたくなかった。」

 

「自分が馬鹿だったと思う。本当にごめんね。」

 

「何であんな浅はかなことをしてしまったんだろうと思う。」

 

という感じでした。

 

3人で話し合った時、Aからは、「俺達が付き合う前の事だしいいよ」と言って許してもらえ、その後も3人で普通に遊べる仲だったので、気にしていなかったとのことです。

 

Aは実際私に暴露してきた時は、物凄く悔しがって苦しそうに話してきました。

 

挙句、Aは「君とSEXしないと忘れられない」とまで言って、私を誘ってきました。

 

勿論断り、その場からすぐ帰りました。

 

暴露してきたAも、秘密にして彼とずっと仲良くしていた彼女の方も、絶対に許す事が出来ません。

 

それから、私も彼も2人とは1年近く連絡を取っていません。

 

今後も取るつもりはありません。

 

でも、今でも傷が癒す事が出来ず苦しいです。

 

今彼のことをとても愛していますし、彼も自分のことをとても愛してくれているのは感じています。

 

なので、彼と別れる選択は絶対ありませんが、ただこのことだけがどうしてもトラウマになって消す事が出来ません。

 

現在は彼と二人暮らしをしています。
境界性パーソナリティ障害という診断を受けています。

 

どうすれば、何度もぶり返すこの苦しみを解消できるでしょうか。

 

少しでも傷を癒すために、今私に出来ることは何でしょうか。

回答

はじめまして、ご相談ありがとうございます。

 

彼との間にとってもつらいことがあったのですね。

 

思い出すことも苦しかっただろうと思います、よく頑張って書いてくださいましたね。

 

Aさんに彼の過去を知らされたときは、本当に大きなショックだったと思います。

 

知らなかったのは自分だけ、信頼していたみんなに裏切られたという気持ちになって当然です。

 

あなたとお付き合いを始める前のこととはいえ、何も知らないあなたにその女性と仲良くするようすすめたのですから、やはり彼の方に、大切なあなたへの配慮や想像力が足りなかったのではないかと思います。

 

ただ、今は彼も反省していることがあなたにも伝わっているようですね。

 

これは、あなたが自分の気持ちをしっかり彼に伝えられたからこそだと思います。

 

ショックで深く傷つき、心も頭も混乱している状況で、あなたは本当によくがんばりましたよ。

 

そのがんばりが実を結んで、今のお二人の関係がありますよね。

 

たしかに、まだまだ傷が癒されず苦しむこともあるとのこと。

 

1年という時間では癒えないほど、深い傷を負ったということです。

 

でも、ここまで来られたあなたです。必ず乗り越えていけますよ。

 

身体の傷も心の傷も、無理に急いで治すのではなく、あとが残らないよう十分に時間をかけていくことが大切です。

 

この1年、ここまで来るにはいろいろな事があったと思います。

 

あなたの苦しい気持ちを伝えたり、彼の考えを聞いたり…

 

過去を振り返って、傷をえぐられるような思いをしたこともあったでしょう。

 

メッセージを拝見して、あなたの考えも彼の考えも、あなたの中である程度整理されているのかなと感じました。

 

二人で出来事について振返るのは、もう十分できていると言っていいかもしれませんね。

 

今後はお二人の未来に向けて、「これからどう過ごしていくか」を考える時期かもしれません。

 

お二人一緒に新しい関係にステップアップしていきましょう。

 

「過去を忘れる」のではなく、「過去の出来事のひとつ」として捉えられるよう、信頼を重ねていけるといいですね。

 

ふと過去を思い出して苦しいときに、できることもあります。

 

ひとつは、彼と事前に約束をしておくことです。

 

「苦しくなったら知らせるから、そのときは、○○してね」と、できるだけ具体的にお願いしておきます。

 

「ぎゅっとしてほしい」「手をつないでいてほしい」「どこかに連れて行ってほしい」など、あなたがいちばん安心できる方法を、あらかじめ彼に伝えておきましょう。

 

そうすれば、彼や自分を責めることなく、具体的な行動で信頼を確かめることができます。

 

とはいえ、苦しさはいつ襲ってくるかわかりません。

 

彼がお仕事で忙しいなど、すぐに約束を果たせない場合もありますよね。

 

ですから、自分で自分をケアする方法も知っておくことが大切ですよ。

 

頭の中に過去の出来事がうかんで来たら、まずはゆっくり深呼吸してみましょう(吐く息を長めに、つらい気持ちを身体から吐き出すイメージで)。

 

落ちついてきたら、「今はもう大丈夫、新しい関係をつくっているところ」と心の中で確認します。

 

そして、自分が楽しい、癒されると感じられることに頭を切り替えていきましょう。

 

あなたにとって、楽しい、癒されることは何ですか?

 

意外と思い当たらないこともあるので、普段から自分にはどんなセルフケアが使えるかリサーチしておくといいですね。

 

ポイントは、一人で楽しめるもの、そして「自分のため」にできることです。

 

たとえば、身体の心地よさを感じられるもの。

 

入浴、マッサージやエステ、ヨガ、運動(スイミング、ジョギングなど)、アロマ、ヘアサロンなんかは気持ちがスッキリしやすいです。

 

また、集中できるものもあるといいですよ。

 

読書やゲームなど頭を使うものもOKですが、無心で作業に集中できるものがおすすめです。

 

たとえば、料理、ハンドメイド、ネイル、イラスト・塗り絵など。

 

ひたすら掃除したり、瞑想にチャレンジするのもいいですね。

自分で乗り切れる自信がつくと、不安が出てきても「私は大丈夫」という余裕がもてるようになります。

 

不安には波があるので、一時的に不安が強くなっても、慌てずに続けてくださいね。

 

境界性パーソナリティ障害にはもともと不安を強く感じやすいという特徴がありますが、これも年齢とともに緩和されていくことが多いので、焦らないことが大切ですよ。

 

ひとりで心配なときは、専門家に相談をしてください。

 

医療機関やカウンセリングで一緒に頑張ることもできます。

 

どうせ時間をかけるなら、あなたにとって少しでも楽しい、癒される時間を増やしていきましょうね。

 

あなたの明るい未来を応援しています。

シェア
ツイート
はてブ
あとで見る