辛い状態から抜け出せずに自己嫌悪…気持ちを切り替えるには?

鈴木さやか

回答者
鈴木さやか
臨床心理士

ご質問

色々辛いことや大変な事が重なって何度か辛い時期がありました。

 

高2の時は半年程続いて、その期間は自己嫌悪、自己批判や自分を傷つけるイメージが頭から離れなく、ひどい時は息が重くて呼吸も辛い様な感じでした。

 

常に心の中では他人を罵倒したり、自分をナイフで刺すようなことばかり考えていました。

 

物事に対する興味や感情がなくなっていったように思います。

 

あまり趣味や気分転換のものもないし、あったとしても勉強とかせずにそういうのをするのは気が引けて、結局無意味な時間を過ごしてしまいます。

 

ストレス発散法も特になく、高2の時は朝起きたら髪の毛を抜いてたとかありました。

 

やらないようにはしていますが、血が出るまで耳をガリガリしてしまったりします。

 

友達には普通に明るくて子供みたいな感じだと認識されてますし、あまり相談とかしません。

 

親にも相談しようとは思えません。

 

高2の時は、ある友人の一言がきっかけで回復していきました。

 

しかし、三年になり受験もあり、しかし途中頑張る理由がなくなってしまい、頑張らなければいけないのは分かりつつ頑張れないです。

 

お腹とか鳴っても、噛んで飲み込むという動作がめんどくさくて食事を抜いたりします。

 

食べれない事はないですがめんどくさいです。

 

やり始める最初の一歩が踏み出せない感じです。

 

中3くらいから、辛い事が重なるとたまに以上のようになります。

 

でも、一人では気持ちの切り替えとかができなくて困ってます。

 

貧乏でもなく、両親もいい人たちだと思いますし学校家庭の環境は恵まれてると思います

 

通院歴はないです。

 

どうしたら、辛い状態から抜け出せるか。気分転換の仕方があれば教えてください

回答

はじめまして。ご投稿ありがとうございます。

 

内容、じっくり読ませてもらいました。心の苦しい時期が、これまでに繰り返しあったのですね。

 

投稿の文面から、あなたの息の詰まるような気持ちが伝わってきたように感じました。

 

よく、こちらに相談してくれましたね。あなたが気持ちを吐き出してくれて良かったです。

 

何がきっかけかは分かりませんが、つらいことが重なると気持ちが激しく落ち込んでしまうようですね。

 

やる気が出ない、興味や感情が薄い、暗いイメージが頭から離れない…といった状態は、心のエネルギーが足りなくなっているサインです。

 

また、無意識に髪の毛を抜いてしまったり、血が出るまで耳をガリガリしてしまう…というのも気にかかりました。

 

一人で自分の気持ちを抱え込んだり、誰かに頼るのが苦手だったりする人の中には、心にあるモヤモヤを逃がすために自分を傷つけてしまうことがあります。

 

もしあなたもそうなのだとしたら、きっとしんどかったことだろう…と思いました。

 

ご質問にあるようなつらい状態から抜けだすためには、何がきっかけで心のエネルギーが足りなくなってしまうのか、どんな理由で心がモヤモヤしているのか…といったことに目を向ける必要があると感じます。

 

親御さんやお友達に相談しようとはあまり思わない…とのことですので、臨床心理士などのカウンセラーと一緒に、心にあることを整理してみるのはいかがでしょうか。

 

カウンセリングルームなどを訪ねるのが難しい場合は、学校にいるスクールカウンセラーと話をしていくのも一つの方法です。

 

多くの中学校から大学までの学校でカウンセラーさんが働いておられるますから、興味があれば先生や職員の人に尋ねてみると良いかもしれません。

 

それから、気分転換の方法についても知りたいとのことでしたね。

 

暗いイメージや苦しい気持ちが湧いてきたら、まずは落ち着いて深呼吸をしてみましょう。

 

深く息を吸って、心の中のモヤモヤを外に吐き出すようなイメージでふーーっと細く息を吐きます、これを何回か繰り返してみてください。

 

深呼吸には心を落ち着ける効果がありますし、脳に酸素がいきわたると気分がスッキリしてきます。お気に入りの音楽を聴いたり、好きな香りのアルマキャンドルを焚いたりするのも良いでしょう。

 

また、早寝早起きを心がけたり、軽い運動をしたりするなど、規則正しい生活を送ることも大切です。

 

メリハリのある生活は、体と心を元気にしてくれます。

 

ただ、こういった気分転換によって効果が得られるのは、ある程度心の調子が回復してからになるかもしれません。

 

繰り返しになりますが、まずはあなたの苦しい状態を少しずつ穏やかにしていくことを第一に考えてみてくださいね。

 

追加でのご質問や気になることがあれば、またいつでも連絡をください。

 

あなたと一緒に、心がラクになる方法を考えていければと思います。

シェア
ツイート
はてブ
あとで見る