定期的に死にたくなる…毎日の不安を和らげるには?

2018.01.06公開 2018.06.05更新
加藤たかこ

回答者
加藤たかこ
臨床心理士

ご質問

返信ありがとうございました。「もしかしたら、愛されてたのかも」と思いたい気持ちはあります。

 

しかし、母は私を自分の子と思っていなくて、それは言葉でも態度でも示されてきました。

 

ものがなくなると私のせいにされたり、兄弟が私を嫌ってると言われたり、一緒に暮らしてた中学の頃は、ほんとに毎日死にたい気持ちでいっぱいでした。

 

「私がいるからいけないんだ」

「なんで生まれてきてしまったのだろう」

 

とそんなことばかり考えていました。

 

それが今も続いていて、何かあると「あー私がいるからいけないんだ」という気持ちと「私、ここにいてもいいのかな」と日々考えてしまいます。

 

死にたい気持ちは今も定期的に訪れて、薬をたくさん飲みたい衝動にかられます。

 

犬を飼っていることは、私の生きる意味というか、「私がいないと、この子は死んでしまうんだ」と思ったら生きないとと思う反面、

 

依存しすぎていて「この子が死んだらどうしよう」とか「この子が死んだら私ももう人生を終わらせよう」とか、最近そんなネガティブなことしか考えられません。

 

病院に、3年通っても何も変わらなくて、よくなってるのかすらわからなくて、毎日不安でたまりません。

 

▼前回のご相談はこちら▼

回答

再度、投稿頂き、ありがとうございます。

 

投稿者様は、随分と過酷な幼少期を送られてきたようですね。

 

過酷な幼少期を送る子供の中には、親が不機嫌でいたり悲しそうな顔でいると、「自分が悪い子だから」と、自分に原因があると考えてしまう子供がいます。

 

投稿者様も、まさにそのような子供時代を送ってこられたのかもしれませんね。

 

また今も何かあると、「私がいるからいけないんだ」と考えられてしまうそうですね。

 

毎日、不安でたまらないとも、おっしゃっています。

 

ある感情に目を向け続けていると、同じ程度のまま1つの感情が持続し続けるということは、一般的には無いとされています。

 

例えば、楽しい気持ちも怒りの気持ちも、ピークを迎えるとそこから自然に下がっていきます。

 

それは、不安の気持ちも死にたい気持ちも一緒です。

 

多くの場合、ピークまで感情が達した後、感情が落ち着いてくるまで、90分程度であると言われています。

 

「90分」という時間は、決して短い時間ではありませんが、死にたい気持ちや大量服薬したい気持ちが生じてきた時にも、その気持ちは永遠ではありません。必ず下がってきます。

 

また不安な気持ちが起こってきた時に、不安な気持ちを和らげる方法がいくつか開発されてきています。

 

例えば、バタフライハグと呼ばれている方法がその1つです。

 

方法としては両方の手のひらで、両方の肘の上あたりを交互に、パタパタと優しく一定のリズムでたたきます。

 

不安な気持ちが起こってきた時に数分~数十分程度行うと、自然と不安が軽減します。

 

私がそれを投稿者様にお伝えするのは、投稿者様が今の不安が多い状況に対して、無力感を感じていらっしゃるのではないかと感じたからです。

 

不安を感じた時にも、ご自身にも何か取れる方法があるのだということがわかれば、不安を感じることへの気持ちの持ち方も変わるところがあるのではないでしょうか。

 

ところで、飼っていらっしゃるワンちゃんは、投稿者様にとって生きがいになっていらっしゃるところがあるそうですね。

 

投稿者様は元々それだけ思い入れがあれば、ワンちゃんが死んでしまったら・・ということを考えて、不安になられることもあるかもしれませんね。

 

ただ、あまりにもワンちゃんが死んでしまったら・・ということばかり考えることが続くようになったら、それは心身の状態が下がっていることを表しています。

 

うつの状態が酷くなっているサインであると考えて頂いて、良いのではないかと思います。

 

うつの状態が酷くなっている時には、自分のネガティブな気持ちにばかり関心が向いて、ネガティブな思考のループに陥ってしまいやすいでしょう。

 

そのような時には、ネガティブな思考のループを短い時間でも良いので、断ち切る必要があるかと思います。

 

断ち切る方法も人によって違って、パン!と両手をはたいて「おしまい!」と声に出してみたり、数字を100から逆の順番で数えてみるなど、色々あるようです。

 

ネガティブな気持ちから意識を外に出すことが大切なため、実際のワンちゃんの様子を見て実況中継する、みたいな方法も有効かもしれません。

 

今回は、どのような方法が投稿者様に合ってるかわからないので、ひとまずいくつか提案だけさせて頂きました。

 

けれども、3年通院して変化が実感できなければ不安になるのも無理ないことですし、もしよろしければまたどんなことでも良いので、ご連絡下さい。

 

一緒に考えて行きましょう。応援しています。

シェア
ツイート
はてブ
あとで見る