失敗して頑張れない自分を責める…どうすれば解放されますか?

村上生

回答者
村上生
看護師

ご質問

「失敗した頑張れなかった自分」という気持ちがいつもそばにあります。

 

2年前、看護師として大学病院に就職しました。

 

小さいころから負けず嫌いで、勉強も運動も人より優れたいと思ってやってきたため、プライドが高く、人に相談したり出来ない事が恥ずかしいことのような気がしていました。

 

だから、仕事でも出来る子でいなきゃと思ってやってきました。

 

でも社会人としての自分が至らなくて、人間関係も上手く築けず、看護は好きだけど仕事が辛くなっていってしまいました。

 

ずっと憧れていたのに、家族も応援してくれていたのに、ちゃんと看護師が出来ないなんて、わたしはなんで生きているんだろうと思いました。

 

突発的に首吊りをしました。たまたま発見され、就職先の病院へ救急搬送され、入院。

 

退院後も通院していましたが、自己中断しました。薬を飲みたくなくて。外来に行くのが辛くて。

 

でも、看護師じゃない自分は自分じゃないと再就職し、今は円滑に仕事が出来ていて楽しいです。

 

でも、みんなは辛い時期も頑張ってキャリアがあるのに、わたしは逃げたという思いが消えなくて辛いです。

 

長年付き合っていた彼と結婚。彼の理解もあります。

 

どうしたらこの思いから解放されるでしょうか。助けて下さい。

回答

初めまして、ご相談ありがとうございます。

 

内容拝見させていただきました。

 

負けた自分、逃げてしまった自分を受け入れることができずお辛いのですね。

 

昔からプライドが高くて誰よりも劣ることは許されないと思い、育ってきた考え方や環境があなたを苦しめているのかもしれませんね。

 

今までそう生きてきたあなたを今すぐに変えることはできません。

 

でも、時間をかけて少しずつ考え方を変えることはできるので少しずつやっていきましょうね。

 

あなたのペースで少しずつで良いので一緒に考えていきましょう。

 

大学病院で頑張って働いておられたのですね。

 

新人ながらも、できる子でいなきゃと思い仕事をしておられたと思いますがとてもプレッシャーやストレスを感じながら、また自分に圧をかけながらでしんどかったと思います。

 

看護をすることは好きだけど職場の人間関係は別の問題で、よく悩む人は多いです。

 

でも、続けないと頑張らないとと思う気持ちの方が強くて本当にその時期はとてもとてもお辛かったと思います。

 

ですが、”ちゃんと”看護師ができない自分を責めないであげてください。

 

確かに、今までのあなたの中で出来ない自分なんてあり得なくて、ましてや応援してくれてる人がいるのに、それに応えられない自分なんてもっと考えられないと思ってきたのでしょう。

 

ちゃんと出来ていない看護師に出会っても、誰かを支えたいと思う気持ちがあれば、誰でもちゃんとした看護師です。

 

 

いくら、難しいアセスメントができたとしても、ちゃんと患者さんと向き合う心や優しい心がないと看護師とは言えないと思います。

 

ましてや、あなたはまだ経験2年であってちゃんとできてなくて当たり前の時期で、たくさんのことを学ぶ時期ですよ。

 

失敗して当たり前で、逆に失敗していないこともおかしい時期です。

 

だから、”ちゃんとした看護師”に今ならなくて大丈夫ですよ。

 

きっと、看護師じゃない自分が自分じゃないと思っておられると思いますが、その心の奥には応援されて看護師になった以上、ちゃんとした看護師でい続けないといけないと思っているのですよね。

 

そうずっと思ってこられたお気持ちも頑張ってこられましたね。

 

一人で頑張って考えて耐えてこられたと思いますし、突発的に行動に出たことも逃げではありません。

 

本当にお辛かったんだと思いますし、言葉では表せないほどのあなたにとってお辛いお気持ちでしたね。

 

でも、今お仕事を再開され、円滑にお仕事をされていて楽しいと思えることはとてもいい環境なんですね。

 

それと、結婚され旦那さんの理解もあり良かったです。

 

今、逃げたという思いが消えなくて、この思いから解放されたいと思うのですが、きっと今までの思いが複雑に重なってあなたを苦しめていると思います。

 

一度、あなたの考え方や道をしっかり振り返ってみて見直してみませんか?

 

あなたのプライドやプレッシャーを抱えてきた以上、これからもたくさんのことを思うかもしれません。

 

でも、何一つ間違ったことはなかったと思いますし、何一つ逃げたことなんてないと思いますよ。

 

だから、安心してください。

 

これから、あなたの道を少しずつ良い方向に変えられるので時間はかかりますがゆっくり解放されるようにしていきましょう。

 

以前、お薬を内服されていたとのことなので私は一度、心療内科へ受診された方が良いと思います。

 

通院していたけど、自己中断されたとのことですがなぜ内服したくなかったのか、なぜ外来に行くことが辛く思っていたことを先生にお話ししてみてはどうでしょうか。

 

あなたを苦しめているお辛い心が見えてくると思いますし、これからあなたが楽に過ごす道が少しずつ見えてくると思います。

 

あなたが憧れていた看護師の道を選んだことだけでも、素晴らしいことですよ。

 

自分を褒めてあげることも大切なことです。

 

看護師を続けていく中で自分を知ることから始めることが、患者さんと向き合うことになり、患者さんにとって良い看護につながることなので覚えておいてくださいね。

 

あなたは大丈夫です。

 

私もあなたと同じ看護師ですし、同じ大学病院で働いていましたのでお仕事をちゃんとしていないとすぐに評価される世界なのでしんどかったことも重々理解しています。

 

でも、あなたがもっと心から自分自身を楽しんで、”ちゃんと円滑に仕事ができる”ことが看護のお仕事ではなく、

 

もっと”自分自身と患者に向き合い看護をする”ということが看護のお仕事と理解しわかって、楽しみながらお仕事ができるように願っていますね。

 

自分自身と向き合うことを恐れないで、まず自分のことから知っていきましょうね。

 

あなたのことをこれからも側で見守っていますね。

シェア
ツイート
はてブ
あとで見る