うつ病の回復期で、生活習慣を直したりしていますが早く治したいです(20代・男性)

2016.07.04公開 2017.03.29更新
佐藤文昭

回答者
佐藤文昭
臨床心理士

 
シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
1
ご質問

うつ病の回復期で、生活習慣を直したりしています。薬はもらってません。 早く治したいです。

 

昨年浪人をしてる時にうつ病、自律神経失調症になりました。

 

今年なんとか大学に入ったはいいものの、体の調子がよくなったり悪くなったりして、なかなかバイトができない状態です。

 

主治医から言われたとおり、走ったり、生活習慣直したりしています。もう回復期のため薬はもらってません。 早く治したいです。

 

なにか他に治療法としてないですか?

 

回答

ご質問、ありがとうございます。

あなたなりに色々と工夫されているようですね。

 

また浪人中に、うつ病や自律神経失調症を発症されながらも、大学入学と本当によく頑張りましたね。

回復期にも入り、順調な回復ぶりのようです。

 

さて、回復期の段階に入ってきているあなたにとって、「早く治したい」と思われることは、とても自然な気持ちだとは思いますが、心の病からの回復にとって、「焦り」は禁物です。

 

心の病からの回復には、どうしても時間が必要になります。

 

「焦り」からくる行動は、逆効果になり、再発の可能性が高まってしまうくらいに思っておいた方が良いかもしれません。

 

おそらく今のあなたにとって必要なことは、体力の回復と安定した生活習慣の獲得でしょう。

多くの場合、体力面で疲れが出てくると、感情も落ち込んでくることがあります。

 

あなたが取り組んでいることは決して間違っていませんので、これからも自分のペースで続けて欲しいと思います。

 

ポイントは、「疲れた状態」からある程度疲れが取れて安定した状態に「回復するまでのスピード」を一つの目安にしてください。

 

この「回復スピード」が早くなっていくことが回復期のゴールになるでしょう。

 

疲れたと思ったら、しっかり休むこと。

疲れた状態をできるだけ長引かせないことが大切です。

 

焦る気持ちは理解できますが、焦って新しい治療法を探すよりは、今取り組んでいることに集中して、一歩一歩前に進むことが、「今」のあなたにとって必要なことだと思います。

 

もうちょっとですね。応援しています。

佐藤文昭

佐藤文昭

臨床心理士

おやこ心理相談室 室長

詳しい情報・お問合せはこちら

おやこ心理相談室 室長

詳しい情報・お問合せはこちら

シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
1

関連記事