母からの暴言や暴力がひどく、「生きていてはいけない」と落ち込みます

2016.07.04公開 2018.04.17更新
矢野宏之

回答者
矢野宏之
臨床心理士

ご質問

母からの暴言、暴力が子供の頃ひどく、大人になるにつれ、「生きていてはいけない」「私は存在していてはいけない」と落ち込む事が多くなりました。

 

うつ病と言われ、十数年。薬を飲みながら、介護の仕事をしていましたが、昨年10月から寝込んでいます。「死にたい」「生きている意味が無い」と考えます。

 

 

心療内科に行きましたが、今年とても酷い状態で起きられる時間が短く、外出も殆どしません。

 

友人を誘う事も出来ません。もう2度と働けないのではないか、人と話せないのではないかと考えます。

回答

ご質問ありがとうございます。

子どものときに、暴言・暴力がひどいと、子どもは何を怒られているのか、なぜ怒られているのか分かりません。

そのため、「なんでも、自分が悪いんだ」と思う癖がついてしまいます。この歪みが、大人になってうつ病という形で出てくることがあります。

しかし、この問題の中心はうつ病ではなく、トラウマである場合も少なくありません。トラウマには、認知行動療法やEMDRを用いて治療を行って…

残り:63文字

この続きをご覧になるには、
プレミアム会員へのご登録が必要です。

プレミアム会員になると使える機能
月額3,980円(1日約133円)
ご解約はいつでも可能です
  • メンタルヘルス相談
    過去分全て閲覧可能
  • カウンセラー相談室
    自分専属カウンセラーにいつでも匿名相談可能
    ※LINE対応・回数無制限・相談内容非公開
  • 悩みメモ
    コラム法での考え方の癖チェックが可能
    ※専属カウンセラーのフィードバック有り
  • セルフチェック
    うつ病・ADHDなどを手軽にセルフチェック
  • メールマガジン
    日常生活に役立つ心理学コラムを週2回配信
  • 広告非表示
シェア
ツイート
はてブ
あとで見る

関連記事