愛想笑いができないです。顔がこわばり、見るに堪えない顔になります

2016.08.08公開 2018.04.23更新
佐藤文昭

回答者
佐藤文昭
臨床心理士

ご質問

女子高生です。愛想笑いや、作り笑いが上手くできません。面白い、楽しいと思った時は自然に笑えます。しかし、数年前から上手く笑えなくなりました。

 

愛想笑いや作り笑いはあまり良いものではないと思うのですが、人と関わる上で大事なものだと思います。しかしそれが本当にできないのです。

 

短時間ならまだ出来るのですが、けっこう長い時間となると辛くなります。

 

普段あまり話さない人と話すときや、緊張している時、人前で話すときなどは作り笑いしようとしても顔がこわばってしまい、本当に見るに堪えない顔をしていると思います…。本当に辛いです。

 

本当は笑って話したいのに。このようなことがあっては毎回落ち込みます。

 

どうしたらどんな時も上手に笑顔をつくれるようになるのでしょうか。

回答

勇気を持って、ご質問いただき、ありがとうございます。

 

あなたなりに色々と努力はしているようですが、なかなか自然な笑顔が作れず困っているようですね。

 

確かに、愛想笑いや作り笑いは、人と関わる上で大切なものだと思います。しかし、それが上手くできないということから考えると、笑顔になることに意識が向きすぎてしまっているのかもしれません。

 

「笑顔を作らなきゃ!」とか「笑顔にならなきゃ!」と意識して頑張れば頑張るほど、緊張感が高くなり、表情もこわばってしまい、逆にひきつったような表情になってしまうことがあります。

 

頑張れば頑張るほど、逆効果になってしまうということですね。

 

今のあなたに必要なことは、もっと肩の力を抜いて、自然な状態でいることではないでしょうか。無理に笑顔を作ろうと意識し過ぎないこと、頑張り過ぎないことです。

 

そうすると肩の力が抜けて、表情にもゆとりがでてきて、少しずつ自然な笑顔が戻ってくると思います。緊張している時や人前で話す時は、誰しも大なり小なり表情はこわばるものです。私もそうです。

 

そういう時は無理に笑顔を作ろうとするよりも、緊張している状態、そのままでいてみることがポイントです。

 

きっとあなたは本来とても自然で素敵な笑顔をもっている方なんだと思います。

 

是非、そのままのあなたでいてください。応援しています。

シェア
ツイート
はてブ
あとで見る