双極性障害で仕事を転々…30歳女性視点でリアルを伝えたい【ざまにゃんさん】

2018.06.10公開 2018.10.10更新
 

こんにちは、はじめまして。ざまにゃんといいます。はじめましてなので、自己紹介をさせてください。

 

>>双極性障害の私が7つの仕事を経験して伝えたいこと【体験談まとめ】

 

双極性障害Ⅱ型と向き合う

私は今年30歳の「双極性障害2型」を持っている女性です。

 

言わなければ、誰も精神疾患を患っているように思わない、猫と占いが好きな女性です。

 

お話しを聞くことがとても好きです。

 

それ以上は特筆するような点があるような無いような、そんなどこにでもいる普通の人間です。

 

…私としては「現在取り扱い注意!!」というタスキを掛けていたいような気持ちの時もありますが(笑)

 

 

自分だけの病気じゃない

私自身、日々、自分の感情と格闘中です。

 

お祭り騒ぎの気分の時は抑える事に必死。

 

落ち込んで落ち込んで…という時は、落ち込むという言葉では言い表せられないほど。酷い時には抵抗できません。

 

一緒に暮らす主人も、きっと私と自分と、日々格闘中だと思います。

 

自分だけの病気じゃないのも、この双極性障害の特徴です。

 

そういうことも今後のコラムで伝えていけたらいいなぁなんて思っています。

 

 

7つの職場を転々

さて、私は今仕事に就いていますが、今まで7つの職場を転々としてきました。

 

現在の仕事は、ごく普通の「接客・販売」というやつです。

 

雇用形態も派遣で、ここに就業した経緯も特殊なのですが、現在の職場の方には自分が「双極性障害」だということを伝えています。

 

双極性障害、ではなく昔でいう「躁うつ病」だという言い方をしましたが…。

 

なので、私が働きやすいよう配慮をしてくださっています。

 

働くことになった経緯や、どう病気について伝えたのかは、次回以降のコラムに。

 

 

双極性障害のリアルを伝えたい

今後このコラムで伝えたいことは 「双極性障害者のリアル」 です。

 

・仕事を始める時と、辞める時の気持ちが全く異なる

 

・(何かを)始める時はあんなに元気だったのに、なんだか最近元気がない

 

・なんだか気分にムラがあって辛い

 

そんな事を感じている人たちに、身近にそんな人がいる人へ、届けていきたいと思っています。

 

少しでも、すこーしだけでも、 皆さんが思っていることが解決出来ることを書いていけたらいいなぁ、 なんてそんなことを思っています。

 

「あぁ、そうなのか、だからか。だから今まで辛かったのか。」

「病院…行ってみようかな。」

 

そんなキッカケにしてもらえたらな、なんておこがましくも思います。

 

がんばって書いていきますので これから、少しだけお付き合いくださいね。

 

ざまにゃんでした。それでは、また。

 

>>双極性障害の私が7つの仕事を経験して伝えたいこと【体験談まとめ】

 

【書いた人】

ざまにゃん さん 猫と占いが好き

blog: http://kimagurehoney.seesaa.net/

 

 

ざまにゃんさんの連載一覧

【Part 1】双極性障害で仕事を転々…30歳女性視点でリアルを伝えたい

【Part 2】双極性障害で仕事に行けない…今大切にしている3つのこととは?

【Part 3】双極性障害で仕事を辞めたタイミングは?会社にはどう伝えた?

【Part 4】双極性障害と仕事。職場や家族で嬉しかった3つの配慮って?

【Part 5】双極性障害と仕事のミス…今だから分かるミスの傾向と対策とは?

【Part 6】双極性障害で7社経験してわかった働ける仕事、働けない仕事とは?

【Part 7】双極性障害でも安定して働く!ワタシ的理想の職場・仕事内容とは?

記事をシェア
記事をツイート
記事をブックマーク
  • 本コンテンツは、メンタルヘルスに関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や投稿者の見解を推奨したり、完全性、正確性、有効性、合目的性等について保証するものではなく、その内容から発生するあらゆる問題について責任を負うものではありません。
  • ユーザーの皆様へ:ご自身のお悩みについて相談したい方は、こちらからご登録をお願いします。
  • 専門家の皆様へ:コンテンツついて誤りや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

関連記事