双極性障害としぶとく生きる…戻りたくない若い頃の「無理」【倉田惠太さん】

2018.07.06公開 2018.07.11更新
 

双極性障害Ⅱ型と共に静かに暮らす者です。少しでも悩みを持つ方へお役に立てるならと思い、今回の執筆に至りました。

 

発症して16年。治らぬうつ病に苦しめられ、精神科入院で双極性障害Ⅱ型と診断を受けて9年です。

 

服薬も月一の通院も欠かさないし、一応、障害者手帳も持っている。

 

お陰様で薬が合っているのか、「寛解」と言われる状態を有難くも維持している。

 

それでも日に拠って体調は変わるし、冬になれば抑うつの波がやって来る。

 

自分でも非常に厄介な症状?難儀な体質?だと思うが、こればかりは「やり過ごす」しか方法がない。

 

難儀な爆弾を抱えたと嘆いてみても、やけ酒に走っても「自分が抱えている物」は消えもせず、また変わらないのだから、ここはしぶとく生きていくしかない。

 

 

「若かった頃には戻りたくない」

因果なもので「若い頃に戻りたいですか?」と訊かれる歳になった。

 

世間では「ダブル成人式」と言うそうだが、私は終始一貫して、笑顔でこう答えるようにしている。

 

「いいえ、若い頃より今が居心地が良いので、若かったあの頃には戻りたくないです。」

 

今でこそ「若い頃は苦労しましたから…」などと多少、気取って言う余裕も生まれたが、人間は「本音と建前のバランスで生きる物」。本音は別の所にある。

 

それは自分を守る為で、ごく限られた人にしか明かさないものなのだが…。

 

 

自分を悩ませる正体が分からない日々

「若い頃に戻りたくない理由」、こういう場であるからこそ、告白しておかねばならないだろう。

 

「双極性障害Ⅱ型」という診断を、今の精神科の主治医に下されるまで、私は…いや私だけではなく、私の家族は勿論、親戚に至るまで…泥水を啜るような苦闘の中にいた。

 

もっと簡単に言い換えれば、「私を悩ませている病気が何か?」が確定せず、日々が過ぎて、気が付けば、時間が流れてしまったのである。

 

もちろん、青春を含めて「若い」という事は、何にも代え難い物だ。

 

「若い」というだけで、素晴らしいなの事だと言う人も居る。

 

私も確かにそれには同意するが、自分の中の病との闘いに費やした苦闘の日々を思えば、ほろ苦い思いが頭をよぎるのだ。

 

子供の頃に夢見た恋愛や結婚や家庭…。全ては絵空事にはなったが、それでも後悔はない。

 

「生きていくしかない」と腹を括りながら、何度、希死念慮の誘惑に苛まれたか…

 

「静かに生きていきたい」と願うだけである。

 

 

瞬間湯沸かし器の父の影響

ここは恐縮ながら、私の拙い身の上話に、お付き合い願いたい。

 

振り返ってみれば、子供の時から「気分屋」で「感情のコントロール」が不得手だった。

 

それは父方の家庭を見れば、そういうタイプの人間が多かったのだが、私も例外なくそのタイプで生まれ育った気がする。

 

父も「瞬間湯沸かし器」であり、一気に感情の針が触れる人間なもので、小さい頃から躾は厳しかった。

 

平手は飛んで来るし、絶叫に近い声量での罵倒は、日常だった。

 

高校の頃の思い出だったが、思春期真っ只中の頃、男の子と親父の関係はヒートアップする。

 

ドラマ・寺内貫太郎一家ばりの「親父との家庭内場外乱闘」を自慢するクラスメートの中で、自分だけはそのお喋りの輪に入れずにいた。

 

別にイジメを受けていた訳でもないが、親父殿とバトルを経験していない私は、蚊帳の外だったのだ。

 

(後年になって病を発症し、初めての入院が精神科病棟で、親父を泣かせてしまったのだから、随分と大人になってから、私も思春期を経たのかもしれない。)

 

 

「変わった人」は褒め言葉

他人様から「変わった方(人)ですね」と言われる事が、私には「褒め言葉」に思えて仕方なかった。(今でもそうなのだが…)

 

寧ろ自分がマイノリティーである方を、好んで生きて来た気がする。

 

本当に困ったちゃんではあるが、こういう性根はなかなか治らない。

 

お陰様で高校・大学と親の脛を齧ったが、どちらも「個性的な人間が集まる集合体」であった為に、病を得る事もなく自由に毎日を謳歌した。

 

「個性を押し殺す学校」へ私が進んだらと思うと、今でも冷や汗が出る。

 

恐らく履歴書に書ける行間は、確保出来なかったかもしれない。

 

生徒も個性的ならば、先生も十分に個性的だった。

 

飲酒に喫煙、不純異性交遊、パチンコ屋の新装開店に並ぶ生徒も居れば、先生も「武闘派の猛者」ばかり。

 

(勿論、2018年現在の学校では、そんな事はありません!そんな真似は絶対にやってはいけません!と申し添えておくが。)

 

 

就職活動でのしくじり

私がおかしくなり始めたのは、大学を卒業後に、就職してからだった。

 

「自立」する為の最大の契機にして、重要な人生の転換点ではあるが…

 

ここで私はシクジッタのだ。

 

就職活動をしていた2000年当時は、超が付く程の「就職氷河期」。

 

今のアベノミクス効果で内定を複数取る学生が、羨ましいと思うような時代。

 

安い革靴に悪戦苦闘しつつ、それを穿き潰して、片っ端からエントリーシートを送り、何度も何度も会社説明会や面接へ向かう…。

 

マスコミ関係などはエントリーも書類送付ではなく、インターネットで…という時代にシフトしつつあった。

 

今にして思えば随分と、私自身も「無理」をしていたのだと思う。

 

 

「変わった人」にサラリーマンは辛い

「変わった人」であっては、サラリーマン稼業は辛い。

 

むしろ組織の一員としては、「個性」なんぞ押し殺してしまう位の事が出来なければ、容易く生き残れないだろう。

 

しかし「変わり者」という人間は、「個性」を伸び伸びさせて欲しいと思いながら、「馬鹿正直にしか生きられない」という性質を実は持っている。

 

50社以上は面接を受け、エントリーシートを送って、やっとこさ、或る会社の内定を貰った。

 

内定通知書を貰った時には、苦労が報われた気持ちがして、天にも舞いたい気持ちだった。

 

しかしその内定通知書が、今にして思えば「悪魔からの手紙」となったのは…次回の話に譲るとしよう。

 

>>Part2(後日公開)

 

【書いた人】倉田惠太 さん(ペンネーム)

 

 

倉田惠太さんの連載一覧

【Part 1】双極性障害としぶとく生きる…戻りたくない若い頃の「無理」

 

 

あなたも書いてみませんか?

Reme(リミー)では、皆さまからの体験談を匿名で募集しています。

経験や想いを、同じような苦しみと向き合う方に届けてみませんか?

以下内容を投稿後、当社にて編集の上、サイト公開いたします。

※「書きたいけど、どうやって書けばいいか分からない」「連載形式で書きたい」などのご希望がある場合、個別にご連絡を差し上げます。以下の入力欄にメールアドレスを明記の上、お申し付けください。

 

【ペンネーム】
【体験談】

記事をシェア
記事をツイート
記事をブックマーク
  • 本コンテンツは、メンタルヘルスに関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や投稿者の見解を推奨したり、完全性、正確性、有効性、合目的性等について保証するものではなく、その内容から発生するあらゆる問題について責任を負うものではありません。
  • ユーザーの皆様へ:ご自身のお悩みについて相談したい方は、こちらからご登録をお願いします。
  • 専門家の皆様へ:コンテンツついて誤りや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

関連記事