【第11話:父の担当医】〜お父さんうつ日記〜

2017.04.05公開 2017.04.25更新
 
シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
31

前回のお話の続きです。実際にクリニックに行って父と一緒に診察室に入って、初めて担当医と出会った時の話です。

 

170228_12

 

私にとっては初めてのメンタルクリニックで、少し薄暗く、緊張感のある空間だなと感じました。

 

その時、父がクリニックに行きたくなさそうだった理由が、なんとなく分かった気がしまします。

 

父を担当してくださっていたお医者さんは、言うなれば“THE 医者”という感じのお堅い雰囲気の方でした。

 

診察室でのやり取りは4コマの通りで、「復職はまだ無理そうですかね?」というお医者さんの問いかけに静かにうなずく父、という至ってシンプルなものでした。

 

この「無理そう」が前提になっていたやりとりに少し疑問を抱いて、「どういう状態になったらできると判断するんですか?」と問いかけました。

 

このお医者さんが何を持って「無理そう」と考え、何を持って「大丈夫そう」と考えるのかを教えてほしかったからです。

 

でも、この疑問は解決されることはありませんでした。答えは「まぁ元気になったらですねぇ」だったからです。

 

いやいやだからその“元気”っていったい何なんだよーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!

 

って、全力で頭の中で叫んでるのが4コマ目ですね。

 

すごく拍子抜けするような返答でびっくりしました。

 

そんなやり取りを含め、診察時間はものの3分程度。意外とあっさり終わるものなんですね。まるで内科の診察みたい。

 

一緒に行ってみてどうだったかと言うと、圧倒的に精神科医に対する不信感が湧きました。

 

診断書は書いていただけたので、その日のミッションは達成したのですが、「毎回あんな感じなのかな」「あのままで大丈夫なのかな」と心配になったことは否定できません。

 

 

【第12話を読む】

 

16787940_1269918076427760_1289585785_n

【執筆】

シブ子

 

 

 

 

 

 

あなたの経験談もシェアしてみませんか?

Reme(リミー)では、「私の経験談」で紹介する体験談を匿名で募集しています。

経験や想いを、同じような苦しみと向き合う方に届けてみませんか?

いただいた情報は、個人が特定されない範囲で、サイト上で公開させていただきます。

 

【ペンネーム】
【体験談】

LINEバナー
シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
31

関連記事