コミュニケーション苦手な私がうつを隠して仕事をしたときの辛さ

【書いてくれた人】

年代:30代

性別:男性

自閉症スペクトラム、社会不安障害、うつ状態、対人恐怖症

私は、うつが原因で『精神障害者手帳』を取得する前に、3か月試用期間で金融機関のデータ管理の会社に勤務していました。

 

私は3か月もの間、辛い想いをしながら、往復3時間もかかる現場へ行き、上長や先輩に嫌なことを言われたり比較されたりしながら、仕事をしました。

 

しかし、結局うつが酷くなったのと、仕事の能力がなっていないという事が原因で、退職してしまいました。

 

うつを公表せずに勤務しようとする皆さんにとっては、私の話は、聞きたくもないかもしれませんし、読みたくないかもしれません。

 

しかし、うつを隠して仕事をするという辛さを理解してほしく、今回の文章にしました。

 

クローズで就職した理由は?

その当時の私は、派遣社員として勤務していました。

 

短期案件の仕事が終わり、長期案件で、金融機関のデータ管理の仕事を紹介して頂きました。

 

営業の方と一緒に面接をして、3か月間試用期間として勤務する事となりました。

 

クローズにしたのは、『うつになっている人は仕事が出来ないのでは?』と上長が思っている考えがあったのです。

 

多分、皆さんも私と同じように『うつの人は、仕事が出来ないと上長が思っていてクローズにして勤務しているのでは?』と考えていると思います。

 

私は、念のため会社に病状を書いた診断書を提出して、この部分を配慮してほしいという事も書いて、仕事に臨みました。

 

シェア
ツイート
ブックマーク
  • 本コンテンツは、メンタルヘルスに関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や投稿者の見解を推奨したり、完全性、正確性、有効性、合目的性等について保証するものではなく、その内容から発生するあらゆる問題について責任を負うものではありません。
  • 本コンテンツは、メンタルヘルスに関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や投稿者の見解を推奨したり、完全性、正確性、有効性、合目的性等について保証するものではなく、その内容から発生するあらゆる問題について責任を負うものではありません。

関連記事