障害への差別的な対応はある…だからこそ大切にしたい仕事の探し方とは?

2018.11.22公開 2018.11.29更新
 
【書いてくれた人】
年代:30代
性別:女性
発達障害

「仕事を始めよう」

 

これから社会に出てそう思われているあなた、とても素晴らしいことだと思います。

 

この記事を読んでくださっている方の中には、今抱えていらっしゃる発達課題を、周囲に打ち明けようかどうか悩んでおられる方もおられることでしょう。

 

発達障害をオープンにしていくか、クローズしたまま就職活動をするかそれぞれメリット、デメリットがあります。

 

【関連記事】

>>【大人の発達障害】仕事上での特徴とは?9の事例から精神保健福祉士が解説

>>大人の発達障害は職場で迷惑?3つの対応例と合理的配慮を精神保健福祉士が解説

>>【大人の発達障害】衝動性やパニックへの対応方法は?事例で精神保健福祉士が解説

 

発達障害をオープンにして働くメリット

まず、発達障害についてオープンにするメリットですが、ここでは障害者枠採用について紹介します。

 

現在、大手企業を始め、中小企業、公務員など障害者枠採用をしている就労場所は多くあります。

 

障害者枠就労では、会社にサポート体制があるので、仕事の手順書を用意してもらえたり、サポート係によるきめ細かい指導支援があります。

 

もらった給料の使い方、休み時間の使い方などまで細かくサポートしてもらえる会社もあります。

 

給料の具体的な使い方まで教えてくれるなんて、実生活に基づいたサポートで、とてもありがたいですよね。

 

 

オープンにするデメリットは?

反対に障害をオープンにすることでのデメリットもあります。

 

今や発達障害は「特別なこと」ではなく、メディアでもよく見聞きします。

 

芸能人の中には自分の発達障害についてカミングアウトする人もいますね。

 

発達障害を抱える方の中には、いわゆる一般的と言われる定型発達をたどってきた人よりも優れた知識技能をもっておられる方も多数おり、多方面で活躍されています。

 

しかし、「発達障害」について一昔前よりも社会認知度が高まっているにも関わらず、残念なことにまだまだ理解のない人もおり、差別的な対応をされる人が存在することも事実です。

 

大変残念なことですが、考え方は人それぞれ違うものです。

 

理解がない人を変えることは一筋縄ではいきません。

 

今、あなたのことを理解してくれる人を大切にしていけばよいのです。

 

記事をシェア
記事をツイート
記事をブックマーク
  • 本コンテンツは、メンタルヘルスに関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や投稿者の見解を推奨したり、完全性、正確性、有効性、合目的性等について保証するものではなく、その内容から発生するあらゆる問題について責任を負うものではありません。
  • ユーザーの皆様へ:ご自身のお悩みについて相談したい方は、こちらからご登録をお願いします。
  • 専門家の皆様へ:コンテンツついて誤りや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

関連記事