こち亀両さんの名言に学ぶ!うつ病知らずの3つのポイントとは?

2016.09.14公開 2019.05.16更新

こちら葛飾区亀有公園前派出所、通称「こち亀」

 

老若男女に愛されてきたこの作品は、40周年を迎えた2016年9月で連載終了しました。

 

本作の主人公である両津勘吉こと「両さん」に励まされてきたあなたにとっては、とても衝撃が大きかったかもしれません。

 

両さんの言葉には、実はどんな状況であってもうつ病知らずでいられる秘訣が隠されているのです。

 

両さんに学ぶ、うつ病知らずの3つのポイントについて、心の専門家に聞いてみました。

 

両さんとは?

まずは両さんがどういう人物なのか説明から入りましょう。

主人公。階級は巡査長。台東区浅草生まれ。左右つながった太眉と、常時腕まくりにサンダル履きが特徴。人間の常識を遥かに超えた体力と生命力の持ち主。金儲けが大好きで、金が絡むと我を忘れて大暴走をすることが多い。アルコールにめっぽう強い酒豪であり、手先が器用な無類の遊び人且つ趣味人で人脈も豊富。若い頃にはガッツを買われ、刑事課に所属していた時期もある。警察官らしからぬ問題行動を頻繁に起こしては大原部長に叱責されるが、反省の色は全くない。その一方で義理人情に厚く、いざという時にはとても頼りになる存在で、周りからの人望は厚い。通称「両さん」。

Wikipediaより参照】

 

村松真実

看護師・心理相談員

シェア
ツイート
ブックマーク
  • 本コンテンツは、メンタルヘルスに関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や投稿者の見解を推奨したり、完全性、正確性、有効性、合目的性等について保証するものではなく、その内容から発生するあらゆる問題について責任を負うものではありません。

関連記事