承認欲求とSNSの関係・自撮りがうざい心理とは?臨床心理士が解説

2018.12.27公開 2019.05.16更新

たくさんの人が毎日楽しく利用しているSNSですが、時々「いらっ」とする投稿もありませんか?

 

「インスタ映え」と言った言葉も生まれ、みんなに「いいね!」される写真を撮るための様々なテクニックもあるようです。

 

特に「『自撮り』は男性にモテない」などのネガティブな要素があるようです。

 

今回は、SNSと承認欲求の関係性、自撮りをうざいと感じる、「SNS疲れ」の心理学的な理由を紐解いてみましょう。

 

【関連記事】

>>承認欲求が強い…特徴や原因・3つの対処法って?臨床心理士が解説

 

SNSと承認欲求の関係

すべての人間は本能的に「承認欲求」を持っています。

 

承認欲求とは、具体的には「人から認められ、評価されたい」という気持ちを指します。

 

例えば、子どもはお母さんに褒められるためにお手伝いをします。

 

大人も同様です。

 

上司に褒められ認められるために、上司の意見に同調したり、営業成績を伸ばそうと一生懸命仕事に打ち込むかもしれません。

 

そして、こういった努力の積み重ねはお母さんや上司からの「評価」につながります。

 

つまり人は、

「相手に認められるために行動し、評価される」

という経験を小さな頃から積み重ねているのです。

 

そしてこの承認欲求に対する積み重ねの結果、自尊心(自分は価値のある人間であるという自信)が高まっていくことが研究で明らかにされています。

 

【関連記事】

>>承認欲求が強い…特徴や原因・3つの対処法って?臨床心理士が解説

 

そういった意味から、SNSは「他者から認められ、評価される」場として格好の舞台です。

 

なぜなら、「いいね!」やコメントの数で、わかりやすく簡単に評価が返ってくるからです。

 

広瀬絵美

臨床心理士

心理学の大学を卒業後、広告会社にて勤務。退職後、心理系大学院修士課程を修了し臨床心理士資格を取得。精神科病院にて従業員のメンタルヘルスケア業務に従事する。また、国立研究所にて職場組織や妊婦さんのメンタルヘルスに関する研究にも携わっている。理想的な「ワークライフバランス」を目指し、研究と実践の両面から支援を行っている。一児の母。

シェア
ツイート
ブックマーク
  • 本コンテンツは、特定の治療法や投稿者の見解を推奨したり、完全性、正確性、有効性、合目的性等について保証するものではなく、その内容から発生するあらゆる問題についても責任を負うものではありません。
  • 本記事は2018年12月27日に公開されました。現在の状況とは異なる可能性があることをご了承の上、お読みください。

関連記事