根拠のない自信を持てない…自信の重要性や持ち方を看護師が解説

2016.10.27公開 2016.11.30更新
 
シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
0

「なんとなくできる気がする」「根拠はないけど大丈夫!」そんな発言をするポジティブな人、あなたのまわりにいませんか?

 

なんの根拠もないのに自信満々、でもその言葉通りになんとかなってしまうことも多いのです。

 

ではどうしたら、そのような根拠のない自信を持つことができるのでしょうか?

 

今回は、根拠のない自信を持つ方法と、根拠のない自信を持つと、どのようになれるのかをお話ししたいと思います。

 

 

根拠のない自信を持つことが大切な理由

まずは、どうして根拠のない自信を持つことが大切なのかを考えてみましょう。

 

自信のない人は、何か逆境や乗り越えるべき壁を前にしたとき、こう考えてしまいます。

 

「自分にはどうせできない」

「これを乗り越えられるだけの能力なんてない」

「やったことないから、私にはできない」

「できる人は特別なんだ」

 

…などなど。

 

自信を持てない人は、できない理由をたくさん並べて、前に進むことを諦めてしまいます。

 

果たして本当にそうなのでしょうか?「できない」「能力がない」と自分で決めつけてはいないでしょうか?

 

「できない」と自分で決めつけてしまうことは、非常にもったいないことです。もしかしたら、できるかもしれないのに、自分の思い込みによって、チャンスも失ってしまうかもしれないのですから。

 

根拠のない自信を持てる人は、自分はできると思い込んで、行動に移すことができます。スタート時点ではできるかどうかわからなくても、行動を続けるうちに、だんだんと現実になっていくのです。

 

自分の可能性を限定しないために、根拠のない自信を持つことはとても大切なのです。

 

では、どうしたら根拠のない自信を持つことができるのでしょうか。

 

方法1自分を否定しない

根拠のない自信を持つために、まず大事なことは、自分を否定しないことです。

 

最初に書いたように、根拠のない自信を持てない人は、「自分にはできない」などと自分自身を否定しがちです。この考えをやめない限り、根拠のない自信を持つことはできません。

 

何かに挑戦することも、うまくいくことも失敗することも、全部含めて否定しないこと。うまくいけばラッキーだし、失敗してもまた次があります。

 

自分を責めたり、否定したりする必要はありません。どんな過程や結果であれ、「それもアリだ」と思えるように心がけてみましょう。

 

方法2小さな成功体験を積み重ねる

自分を否定しないように、とは言っても、今まで何かに成功した体験が少ない人は、自信を持ちにくい傾向にあるのではないかと思います。

 

そんな人は、小さなことでいいので、成功体験を積み重ねていくようにしてみると良いでしょう。本当に小さなことでいいので、何かにチャレンジしてみるのです。

 

例えば、初めての1人旅行とか、入ったことのないお店に入ってみるとかでもOKです。

 

今まで経験のない小さなハードルを越えることを繰り返していくうちに、だんだんとハードルの高さを上げていくことができます。

 

その繰り返しをしていれば、徐々に大きなことへの挑戦に対しても、「できるんじゃないかな」と思えるようになってくるはずです。

 

方法3他人の目を気にしない

何かを始めようとするとき、他人の目が気になる人は少なくないと思います。

 

他人が自分をどのように見ているのか、もし失敗したらどんなふうに思われるのか、心配になってしまうこともあるでしょう。

 

けれど、他人の目を気にしてばかりいたら、思ったように行動することはできなくなってしまいます。前へ進みたいなら、自分の好きなように生きていたいなら、他人の目を気にしすぎることは良くありません。

 

他人は他人、自分は自分。私たちは、他人の評価のために生きているわけではありません。他人の目を気にせず行動することを、自分に許してあげましょう。

 

 

根拠のない自信を持てるようになると、どう変わる?

根拠のない自信を持つことができるようになると、変わってくることがあります。

 

まずは、ネガティブな状況に対して、悲観的になりにくくなることです。

 

根拠のない自信があれば、「なんとかなる」「別の方法を試せばいい」など、ポジティブな発想転換ができるようになります。

 

また、何かをするときの行動力が高まります。自信を持つことができないと、「できる根拠」をたくさん探してからでないと行動ができないので、スタートがどんどん遅くなってしまいます。

 

しかし、根拠のない自信を持っていれば、「とりあえず始めてみよう」とすぐに行動に移すことができることが強みとなります。

 

 

さいごに

「自分にはできない」と思い込んだまま、他人の評価を気にしながら生きていくことは、生きづらさの原因になります。

 

けれど、根拠のない自信は誰でも持つことができます。

 

少しずつ行動や考え方のクセを見直して、根拠のない自信を持つことができるよう、心がけてみてはいかがでしょうか。

 

【執筆者】

小松亜矢子 看護師

小松さんのインタビュー記事はこちら

LINEバナー
シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
0

関連記事