解離性人格障害を持つ娘への対処法を教えてください(50代・男性)

加藤たかこ

回答者
加藤たかこ
臨床心理士

 
シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
14
ご質問

解離性人格障害を持っている娘(10代)についての相談です。娘は現在、6人の人格がありますが、主に20代男性の人格が出てきます。

 

その人格は少し荒っぽいところがあり、ひょうきんなところもありますが…更に荒い性格の闇の人格も持っているそうです。

 

そのため、娘本人や男性の人格が困ることがあるそうです。(闇が出てきたらどうしようと…)

 

どのように対処していけば良いか助言お願いいたします。

回答

初めまして。投稿を拝見いたしました。

 

お嬢様の状況、ご心配ですね。お嬢様ご自身もとても辛いと思いますが、支える側のご家族も、さぞかししんどい思いを抱えられていらっしゃることと思います。

 

けれども、そのような大変な状況の中、投稿者様はお嬢様を力強く支えていくべく、こちらにご投稿くださり、お嬢様もとても心強く感じていらっしゃるのではないでしょうか。

 

投稿頂いた文章を読ませて頂いた限りでは、病院の受診はこれからという段階でいらっしゃると理解してよろしかったでしょうか?

 

解離性人格障害(解離性同一性障害)をはじめとした精神・心理的な病には、自己診断ではなく、病院で行われる正確な診断・治療が不可欠です。

 

なぜかと言うと、精神・心理的な病には症状が重なりあうものが多く、安易な自己診断は見誤りやすいものも多いからです。

 

今回は、ごく簡単にではありますが、ご家族としてどう関わっていったら良いのかについて、お伝えさせて頂きます。

 

 

【ご家族としてどう関わっていったら良いのか?】

 

1. ご家庭がご本人にとって安心できて、落ち着ける場所であるよう整える

 

解離性人格障害の原因には、様々なことが挙げられるそうですが、そのどれにも共通していることとして、ご本人にとって抱えきれないストレス要因が背後にあったことが言われています。

 

その為、ご本人にとって安心して過ごせる場所の存在が、とても重要になってきます。

 

<関わりのポイント一例>
・ご本人を問い詰めたり追い詰めたりしない。

・ご本人の症状の話を信頼する。仮病なのでは?自分の都合の良いように言っているだけなのでは?と、疑ってかからない。

・交代人格が出てきても、その存在を無視しない。

 

 

2. 治療の継続を支える

 

治療には長期的な通院が不可欠です。また、処方された薬は、指定された時間に指定された分量を正確に飲み続ける必要があります。

 

ご本人だけでなくご家族にとっても負担が大きいことかもしれませんが、治療が良い方向に繫がっていくよう、ご家族の支援があることが望ましいです。

 

<関わりのポイント一例>
・通院に家族が付き添い、ご本人が安心して治療に取り組めるようにする。

・ご本人が医師に言い切れないことがあれば、ご家族が補足してあげる。

 

なお、その初診の際、以下の点について記載して持っていくと、スムーズに話が進むのではないでしょうか。

 

・今までの病歴。いつから症状が始まったのか?どんな症状があるのか?

・今までの通院・治療歴。どこの治療機関にどれくらい通ったのか?処方された薬

・今一番困っている事

・今回の受診(初診)で、解決したい事。お願いしたい事(投薬含む)

 

投稿者様やお嬢様の辛い状況が早く改善されていくことを、心から祈っています。

加藤たかこ

加藤たかこ

臨床心理士

LINEバナー
シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
14

関連記事