過去への執着を手放すにはどうしたらよいでしょうか?

2017.05.06公開 2018.05.10更新
佐藤文昭

回答者
佐藤文昭
臨床心理士

ご質問

過去への執着を手放すにはどうしたらよいでしょうか?

 

決して恵まれてはいなかったけれど、人並みに幸せだった子供の頃。

 

大好きで頼りになる親が側にいてくれて、くだらない話で笑い合える友人がいて、今のように精神疾患もなかったです。

 

もちろん悩みや苦労はありましたが、孤独ではなかったし、自分なりの楽しみがあったので、死にたいと思うほど苦しかったことはありません。

 

大人になってからはずっと孤独で精神疾患にもなり、社会から求められているレベルに追い付けず苦労しています。

 

そのためか、事あるごとに過去のことを考えあの頃は幸せだった。

 

あの頃に戻りたいと考えては辛くなってしまいます。

 

自分なりに今の生活で楽しみを見つけようとやって来ましたが、上手くいきません。

 

どうすれば前向きに今の生活を送り、過去を考えず済むようになるでしょうか。

 

まとまりのない文章、失礼致しました。

 

 

▼前回の相談はこちら▼

https://reme-nomal.com/qa/14550/

回答

再度、ご質問いただき、ありがとうございます。

 

あなたなりに楽しみを見つけようと、色々試されてきたようですね。

 

しかし、逆に過去を羨ましく思う気持ちが出てきてしまい、余計に苦しくなってしまっているのかもしれませんね。

 

それくらい以前のあなたは、ご家族や友人との関係を通して「つながり」や「自分の居場所」を感じられ、素直に笑い、そして幸せを感じられていたのでしょう。

 

その頃に戻りたいと思われることは、むしろ自然なことなのかもしれません。

 

さて、「過去への執着」についてですが、これには2タイプあります。

 

一つは、あなたのように幸せだった過去を想い、その頃に戻りたいと願うものです。

 

もう一つは、過去の失敗や挫折などを思い出し、「ああすればよかった。もっとこうすればよかった」などと悔やむものです。

 

この2タイプは内容こそ違いますが、過去にとらわれるという意味では共通しています。

 

そしてその結果、どうしても「今」の自分を否定することにつながってしまいます。

 

これを避けるためには「今」に焦点を当てるしかありません。

 

あなたなりに「今」の生活で楽しみを見つけようと努力されてきたようですが、それ自体はとても意味のある行動だと思います。

 

しかし、あなたの中には、過去の体験が「楽しみ」の基準になっている可能性が高いので、過去と比べると現状の中で「楽しい」と思えることは少なくなってきてしまうかもしれません。

 

以前のあなたのように、自分の居場所やつながりを感じられるような現状ではないかもしれませんが、そんな中でも、ほんの小さな楽しみや幸せをあなた自身の力で見つけ出せることを願っています。

 

どうしても過去への執着から逃れられないようであれば、次の手を一緒に考えていきましょう。

シェア
ツイート
はてブ
あとで見る

関連記事