双極性障害の薬を服用中ですが、感情を抑えられずにいます(30代・女性)

2017.06.04公開 2017.06.05更新
加藤たかこ

回答者
加藤たかこ
臨床心理士

 
シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
54
ご質問

双極性障害の薬を服薬中ですが、夫への怒りの感情がセーブできず、物を壁に投げつけるということを2回ほどしてしまっております。

 

幼い子供もいるので止めたいのですが、冷静でいられません。夫は薬を続けるよう言ってきます。

 

私は入院したいと懇願しますが、お金が無いと断られてしまい、聞き入れてはくれません。

 

もう、物理的に怪我をして入院したい、楽になるなら死にたいとも考えております。

 

▼前回の相談はこちら▼

回答

再度、投稿くださりありがとうございます。

 

通院を開始されたとのことですが、ご自身のしんどい時に、よくぞこちらへの相談のことを思いだしてくださいましたね。

 

物を2回投げてしまったとのことですが、それもどうしても堪え切れなくて、2回だけ投げられてしまったということでしょうか。

 

もしもそうだとすると、投げるまではいかなかったけれど、怒りを何度も抑え込もうとされていたかもしれず、日々とてもしんどい状況にいらっしゃることが思われます。

 

どうしても堪え切れずに投げてしまった2回も、きっとご自身の中で強く後悔されているかもしれませんね。

 

さて服薬については、私もひとまず次回の診察まで継続した方が良いと思います。

 

けれども、次の診察予約まで当分日数がある場合、早めに病院に電話して、現状を病院にお伝えになられた方が良いと思います。

 

当然、電話された時間、主治医は別の方の診察に入られていると思いますが、空き時間に折り返し電話をくださったり、予約日よりも直近に改めて予約を入れなおしてくれることもあります。

 

ご自身で勝手に判断して服薬を止めてしまわれるよりは、今の状態について、主治医に確認されることが大切だと思います。

 

またさらに、投稿者様はお子さんやご主人のために入院したいと考えていらっしゃるとのこと。

 

入院できないのであれば死ぬことも選択肢に入れられる程、思い詰めていらっしゃるご様子が伺えます。

 

入院した方がいいかについて回答するのは控えさせて頂きますが、躁鬱の方の中には、気分の波を予兆として感じ取れる方もいらっしゃると聞きます。

 

感じ取れた兆しを元に、テンションをできるだけ一定に保つよう、行動を抑え気味にしたりするのだそうです。

 

投稿者様は通院を再開されたばかりで、今はまだ勝手にやってくる気分の波に翻弄されてしまうことも多いかもしれません。

 

それでも、気分の波を何となくでも感じ取れる日が来るかもしれません。

 

そのためには、ご家庭で過ごしている間は、同じ時間に起きるなど、できるだけ生活リズムを一定にするよう心掛け、ご自身の調子を感じ取りやすい状態を作っておくことが大切なのではと思います。

 

最終的に、「やっぱりどうしても入院を」という選択肢を選ぶこともあるかと思います。その場合でも、入院先の病院の手配等に時間がかかり、思い立ってすぐにできるものではないでしょう。

 

だからこそ、ひとまずはご家庭の中で、テンションの最大値が100だとしたら、50~60の中におさまるように心がけてみられてはいかがでしょうか?

 

また、死にたいと感じるのも、よっぽど調子が悪いという体からのサインです。

 

物を投げてしまいたいというのも、死にたいという思いも、急激に高まることがあるかもしれませんが、感情にはピークがあります。

 

投稿者様は物を投げたいと思ったけど、我慢しているうちに感情のピークが去っていった、みたいな経験は無かったでしょうか?

 

何はともあれ、まずは主治医に連絡を入れてみられること、ご家庭で過ごされている間は50~60を心がけるということを念頭において生活されることをおすすめします。

 

明けない夜はありません。

 

応援しています。

加藤たかこ

加藤たかこ

臨床心理士

LINEバナー
シェア
ツイート
はてブ
お気に入り
共感
54

関連記事